上海ジャピオンの特集 記事

真的マンの タクシーアプリ活用術

P01 - 1

 

タクシーを求めて

バブル期には〝花の金曜日〟などと謳われた週末の夜、空車タクシーを求めてさまよい歩いたこと、誰しも1度や2度はあるだろう?

しかし! タクシー配車アプリが登場して早3年余り、その便利さは留まることなく進化を続け、一般市民のニーズを敏感に察知しアップグレードを重ねてきた。

安定性も確保され、今やスマホユーザーのほとんどがアプリをインストール済み、道端で青ランプが点灯した空車を探すことも、待ち時間もなく便利に使っているな。

P01 - 3

配車アプリの歴史

ところで、タクシー配車アプリがこれほど進化するまでに、様々な障害があったのを知っているか?

まずはオレと一緒に、配車アプリの変遷についておさらいしてみようじゃないか。

時を遡ること3年、2012年6月の上海ジャピオン特集「生活の裏ワザ」によれば、市内2カ所のホテルロビーに「タクシー呼び出し機」なるものが設置されたんだ。

開発した「強生」はその年のうちに40~50台まで増やす予定だったが、うまくいかなかったようだな。

最初に設置された静安区の「上海ヒルトン」に聞いたところ、今でもロビーにあるにはあるが、宿泊客はフロントに頼むためほとんど使われないそうだ。

また同じ特集で紹介された「大衆」と「強生」のスマホ用アプリも、当時Android版しか開発されていなかったうえ、普及するまでに至らなかった。

その後生まれた数々のアプリは、前述の「大衆」や「強生」などタクシー会社自ら手がけたものもあれば、IT企業やソフト開発業者が作ったものも。

「滴滴打車」や「快的打車」を始め「出租通」、「大黄蜂打車」などなど、13年5月時点でアプリの総数は11件、インストール数はなんと100万回を超えたんだぞ。

P01 - 2

生き残り2大アプリ

さてさて、そんな多数のアプリの競争を経て今、最多利用率を誇るのは「滴滴打車」と「快的打車」の2件。

両者はすでに合併したが、それぞれ個別に利用できる。次ページからは、中国語に自信のない人、IT方面に弱い人のためにオレが使い方を詳細に説明しよう。

 

P02 - 1 (2)

まずはラクラク登録

とにもかくにも、登録をしなければ始まらない。まずは、アプリのインストールから始めよう。

「快的」と「滴滴」は使い方がほぼ同じなので、今回は「快的」で説明するぞ。まずはスマホ上のストアでアプリを検索し、ダウンロードするんだ。

アプリを開くと個人情報の入力画面が表示されるから、地域は「中国大陸」を選択して携帯電話番号を入れる。

次に淘宝アカウントの入力画面が表示されるが、不要なら左上の「関閉」をタップ(指でポンと触ること)しよう。

ただし、淘宝アカウントでログインしておくと、支付宝での支払いがスムーズになるぞ。そして「昵称(愛称)」を入れたら登録完了だ!

女性は音声がオススメ?

 

登録して最初に使う時は、ちゃんとガイドが出るぞ。

現在地は、GPSをオンにしておけば自動的に割り出してくれるから、先に設定しておけよ。

タクシーを呼ぶには、上の入力バーに行き先を入力するか、もしくは下のマイクをタップしたまま音声で録音するかの2つの方法がある。

読み書きが得意か苦手か、またその時の状況に合わせて選ぶといいだろう。

ちなみにオレの友人は、運転手がかわいい女子を乗せたいだろうと想定して、猫撫で声で吹き込むんだとよ。まったく、賢いと言えば賢いが、世も末だよな。

現在地を明確に伝える

タクシーが捕まったら、画面に「你被搶単了!」と表示される。

人が多く、運転手がキミを見つけにくい場合は電話で連絡できるから「全家前面(ファミマの前)」とか「在路口的東辺(交差点の東側)」と指示するといいぞ。

乗ったら下の「巳上車」をタップしろ。支払いは支付宝なら金額を入れて支払い画面へ、現金の場合は右上の「現金支付」をタップだ。

 

P03 - 1

お得なキャッシュバック

何度かアプリを使用していると、お得な特典が受けられるってこと、知ってたかい?

使うごとにポイントが貯まって、乗車賃の支払い時に使える割引券やネットショッピング、その他商品券にも交換できるんだ。

乗車賃の割引券はSMSで通知されるから、アプリを開いた画面左上のメニューから「快的銭包」↑「我的代金券」で確認するといい。

しばらく使わずに放っておくと、オレみたいに期限切れになるから気をつけろよ…。

「積分(ポイント)商城」からは、ポイントに応じて商品・金券と交換できるんだ。

ここでもポイントを乗車賃の割引券に替えられるが、1元=150ポイント、3元=300ポイント、5元=800ポイントと還元率が異なるのが不思議なところだ。

 

P03 - 2

豪華車両も呼べる

アプリでもなかなかタクシーが捕まらない時、「小費(チップ)」をプラスしている人も多いだろう。

しかし実は、乗車賃以外の金銭のやり取りは条例で違反行為とされているんだ。つまり、乗ってからチップを断ってもいいんだが、まあもめ事は避けるに越したことないよな。

ともかく、なかなかタクシーが見つからない時にオススメしたいのが、個人車両を利用したハイヤーサービス「UBER」だ。

アメリカの会社で、中国11都市を含む世界300都市で展開している。

ドライバーは一般人だが、運転歴10年以上に無事故無違反歴など厳しい審査を潜り抜けてるんだぞ。

車両は4タイプあって、ゆったりできる高級車もある。

さあ、これでキミもアプリマスターになろう!

 

~上海ジャピオン2015年6月26日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。