上海ジャピオンの特集 記事

ジャピオン編集部の炎の度胸試し

%e7%89%b9%e9%9b%86-p1-1

%e7%89%b9%e9%9b%86-p1-2

(活)の恐怖に震える

みんなに度胸試しミッションを与えたはいいものの、言い出しっぺの私が何もしない訳にはいかないわよね…(汗)。よ~し、度胸試しと言えばコレ。「昆虫食」に挑戦よ。

まあでも、ヘビやカエル、ハチの子ぐらいはとっくに経験してるから、昆虫も楽勝でしょ~。と言うわけで物好きの同僚とやって来たのは串焼き店。こんなオシャレな店に虫料理があるとは意外だわ。どれどれ、早速メニューを拝見。おっ、あった、「ソーセージ」の隣で異彩を放つ「蚕蛹(活)」(4・7元)。ん? (活)って何かしら…イキモノ? ナマモノ? もう嫌な予感しかしないわ…。

 味は悪くなかったが…

今調べたんだけど、カイコの蛹「蚕蛹(さんよう)」は昔、日本でも食べられていたみたい。高品質の動物性タンパク質が摂れるんだって…なんて自分と周りを励ましている間にきっ、来たよ~、串に刺さった3匹の蚕蛹。見た目だけだと、生きているかどうかわからないわね。ってか、コロンとしたフォルムだし、イケそうじゃない? とりあえず焼きますか…ととと、繭が爆ぜて中からジューシーな何かが滴り落ちているよ~。やっぱりこれ、生きてたみたい…。

途中、半生のものに手を出そうとして、店員に怒られるイベントを経て、遂に実食。ふむ、繭の部分は香ばしく、中は鶏の身のようで、ほろ苦い。同僚がボソッと「エビの尻尾を食べているみたい」ってつぶやいていたけど、確かにそれに近いわね。一緒に来た3人全員が食べられたし、味は悪くなかったわ。ただあの調理過程を見るのは、2度と勘弁ね…(泣)。

%e7%89%b9%e9%9b%86-p1-3

%e7%89%b9%e9%9b%86-p2-1

世界一の空中歩道に挑戦

浦東新区「金茂大厦」の88階、地上340㍍にある「スカイウォーク」に度胸試しのため私、編集Rが行ってきました。現時点で透明ガラス造り、手すりなしの空中歩道としては世界一の高さなんだとか…ひょえ~!何を隠そう私、超ヘタレなんです。先日も中国マカオで〝マカオタワーのバンジーに挑戦〟と豪語するも、直前で足がすくみ引き返したという黒歴史作っちゃいました(笑)。今回は、我が名誉を挽回すべくスカイウォークで高所恐怖症を克服!!

身に着けるは服のみ

ミッション30分前に身に着けるは服のみスタンバイ。荷物を預ける場合は、カウンターでロッカー専用のコインをもらいます。着ている服、眼鏡以外は装着不可なので、ピアスや指輪など装飾品はすべてロッカーへ。ボディーチェックを受けて、いよいよ未知の世界へレッツゴー!靴ヒモを固く結んだら、安全器具やヘルメットなど全身をガチガチに固定されます。それだけでスリル倍増ですね。運命共同体になる皆の準備が整い、いくつかの注意点を聞いたら…いざ、出発!!

%e7%89%b9%e9%9b%86-p2-2

眼下に広がる上海の景色

通路幅1・2㍍、長さ60㍍のガラス道を約20分間命綱だけで伝い歩くという空中散歩…白状します。荷物預ける時から心臓バクバク…ヘタレな私〝こんにちは〟です(笑)。しかし、いざ外に出ると一面に広がる上海の景色に「I CAN FLY」って叫びそうになったのも事実(笑)。しっかりつながれた命綱やインストラクターの心強い声掛けも安心材料になったかな。

外に出てすぐ設置されたカメラでの撮影があり、もじもじしていると、どこからともなく「手や足を外に投げ出せ」なんて恐ろしい周囲の声が聞こえるので、ササッと済ませるのが得策。引き続き空中散歩をしつつインストラクターが「この先○㌔行ったところが○○」など色々と説明してくれますが、恐怖から?爽快感から?キレイサッパリ内容忘れてます(笑)。

勇気振り絞った後の達成感

スカイウォークの醍醐味は、3カ所のポイントで試す己の度胸!! まずは建物を背に通路幅ギリギリのところに立ちます。そして1・5㍍の命綱に自分の全体重を預け、そこで一気にタイタニックポーズ!そんなバカな~と、命綱握った指を1本ずつゆっくり離したのは、ココだけの話(笑)。でも、勇気振り絞った甲斐ありました! 気持ちよかった~。次のポイントではまた、通路横幅の際に立ち、左手で命綱を握ったら「右手、右足を外に向かって放り投げる」と、つまり右半身は空中ってこと。どんだけ~(汗)。最後はどんな難題が…と身構えるも、内容を聞いて拍子抜け。「通路のヘリに座る」の指示に「余裕♪」なんて思った私、今すぐ謝ります。こんな不安な思いしたことない(泣)。視線を落とせば340㍍下の地面に吸い込まれそうになるし、お腹がキューって締め付けられるしで、頭がグルグルしました。立つ時もまた恐怖、バランス崩すと真っ逆さま~なんて想像は禁物。足はガクガクしつつもカメラの前で頑張る私「東方明珠塔」をバックにハイ、ポーズで無事終了。地上に着いたから言えますが、素晴らしい爽快感と達成感に、再挑戦したいと思えるいい度胸試しでした。でも、最後に1つだけいいですか? マカオのバンジー試せばよかった…まだ言うか(笑)。

%e7%89%b9%e9%9b%86-p2-3

%e7%89%b9%e9%9b%86-p3-1

衣装や道具を準備せねば

編集長から僕に課されたミッションは「コスプレをして1人で観覧車に乗りセルフィー」。僕が生意気な〝ゆとり〟だから、いっぺん恥を知ってこいって、めちゃくちゃな課題だな、まったく…。

そもそも、コスプレ衣装なんて持ってないっすよ。えっ、R先輩「営業部のイベント好きなN先輩なら持ってるかも!」って? うわー、試しに聞いてみたら、あっさり借りられちゃったよ(笑)。あとはセルフィースティックか。あれ編集長、貸してくれるって言ったのに、持ってくるのを忘れたんですか? もういいですよ、自分で買っときます。

コスプレをしたけれど…

今回やって来たのは、1号線「曲阜路」駅1番出口直結のショッピングモール「大悦城」屋上にある観覧車「スカイリング」。衣装は、マンガ『ワンピース』のキャラクター「トラファルガー・ロー」です。白い毛皮帽子に、丈がくるぶしまである黒いマント、これなら人に顔を見られないから楽勝だな(笑)。トイレで着替えて、観覧車乗り場の8階へ向かいますか。

あれっ、中国人は日本人と違って、コスプレ姿の人がいても目もくれないないじゃん。自分に関係ないものには興味なしって感じっすね。緊張して損した。入口の壁に「あなたと恋人との距離:ゼロ」って書いてある。僕1人なんすけど、いいですか…? っと、チケット売り場の人も反応なし。入口を抜け、いざ乗車。一人で観覧車に乗った感想? 特になしです。ヤケクソでセルフィーを撮ったけど、ホントに誰得な写真ですかって感じですよ。まあ、僕には余裕のミッションでしたね。

%e7%89%b9%e9%9b%86-p3-2

~上海ジャピオン2016年11月25日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。