上海ジャピオンの特集 記事

おじさんの水遊び

630-P01-1 630-P01-2

野外活動向けの巨大公園

元気いっぱいのこっちーと取材班が訪れたのは、上海市中心部から車を1時間ほど走らせた青浦区のレジャースポット「東方緑舟」。有名な観光地「朱家角」の西側に位置し、広大な敷地に湖や芝生、ミニ遊園地、各種アクティビティ施設、宿泊施設などが点在する。市内の高校が野外学習に利用することもあり、上海市民なら1度は来たことがある憩いのスポットだ。

「わーなんかデケー」とテンションアップのこっちー。「入場料」(50元)を支払い2号門から入ってしばらく歩くと、第一関門が見えてきた。

 超久々のアスレチック

「興橋世界(ファン・ブリッジ)」と銘打たれたこのコーナーは、幅約7㍍の川に14種類のアスレチック遊具が備えられている(写真②)。〝様々な趣向が凝らされた橋で川を渡り遊んでね〟というわけだ。早速こっちーが「いっきまーす」と飛び出す。一見簡単そうに見える遊具だが、足を掛けてみるとグラグラと揺れる(写真③)。下には申し訳程度に安全ネットが張られているだけで、足を踏み外せばびしょ濡れになること必須。飛び石に綱渡り、うんてい、輪くぐり、ターザンロープ…バランス感覚に衰えが見え始めたおじさんの彼にはツラいか!? とハラハラして見守るも、当の本人は「オイオイ、揺らすなよ~(笑)」とご満悦。久しぶりの運動を楽しんだようだ。

東方緑舟にはここ以外にも、なが~いアスレチック遊具を潜り抜ける「勇敢者道路」(写真④)や、30元支払えば遊具をクリアしたタイムを計測してくれる運動場「素質体験測試」など全身運動を楽しめる場所が複数カ所ある。子どもはもちろん、企業のレクリエーションなどで遊びにきている大人もたくさんいるので、遠慮せず身体を動かそう。

630-P02-1

航空母艦は男のロマン

「東方緑舟」のもう1つの魅力は、航空母艦や潜水艦、ヘリコプター、飛行機が展示され、実際に触れたり乗り込んだりできることだ。エリアの最西端にある「国防教育区」に足を踏み入れれば、湖に浮かぶ巨大空母がお目見え。「う~ん、男のロマンですね」と湖をバックに、しばし黄昏るこっちー(写真④)。

 スプラッシュに大興奮

目当ての水陸両用車(写真①)は、空母の裏手側にスタンバイ。先に、空母1階にあるチケットカウンターで「乗車チケット」(40元/人)を購入しよう。ここの水陸両用車は「北京汽車」のメーカー「BAW」で、迷彩柄に無骨なボディがなんとも頼もしい。これもまた迷彩服に身を包んだおじさんが運転を担当する。

安全のためライフジャケットを着用し、後ろの荷台に乗り込めば準備OK、張り切って出発だ。まずは空母を回り込んで湖を目指す。すると突然、運転手のおじさんが「よ~し、しっかりつかまってろよ!」と急加速、湖に向かって勢いよくダ~イブ(写真④)! ザッバ~ンと豪快に跳ねる水しぶきに、こっちーはじめ乗り合わせたおじさんやちびっ子たちから「おぉ~」と歓声が上がる。湖上ではモーターエンジンの振動が直接足元に伝わり、あまり乗り心地がよくないものの、潜水艦ギリギリを通り抜けるなど、なかなか迫力ある運転であった。

この「国防教育区」は空母の中が博物館になっており、〝ミリオタ〟必見の展示物がズラリ。また「サーキット」(30元/人)や「サバイバルゲーム」(50元~/人、要予約)など刺激的なアクティビティが盛りだくさんだ。

info

住所:青浦区滬青平公路6888号(×復興路)

電話:5923-3000

料金:50元

アクセス:軌道交通2号線「徐涇東」駅下車後、路線バス「朱徐線」で「朱家角汽車站」まで行き、そこからタクシーで「東方緑舟」まで移動。

630-P02-3

淡水魚が豊富な釣り堀

2号線「婁山関路」駅から歩いて15分ほどの距離にある公園「長風公園」。水族館が併設され、休日はファミリーで賑わいを見せている。

そんな公園の片隅に、おじさんばかりが集う一角がある。今回ひでさんと訪れた「釣魚池」は、市街地で気軽に釣りが楽しめると評判の釣り堀だそう。まずは赤いパラソルが立った受付で、「釣竿、網、エサ」(50元/4時間、デポジット200元)をレンタル。「外国人か、頑張れよ」と気さくに応対してくれた係のおじさんに話を聞くと、この池にはフナ、ヒラウオ、コイ、ソウギョ、コクレン、ハクレンなどの魚が計30㌔ほど放たれているそう。釣った魚を500㌘当たり13元で持ち帰ることもできる。

 ようやく1ヒットなるも…

何がよく釣れるのかと聞いてみると「運次第」、どの場所がいいかと問えば「どこでも釣れる」と適当に答える係のおじさんの話を真に受け、とりあえず人が少ない場所を選び釣りスタート。釣りは小学生ぶりというひでさん、練りエサを針に付け、慎重に釣り糸を垂らす(写真①)が…待てど暮らせど浮きがピクリともしない。周りの人たちはかなり釣れているようで、15分に1回のペースで魚を釣り上げる人が現れる(写真②)。

なかなか釣れないひでさん、気が付けば周囲に見物客がワラワラ(写真④)。「まだ釣れないの~?」と子どものヤジに焦ったのか、持ち場を変える…とここで、グンと手応えのある引きをキャッチ!体長20㌢ほどのヒラウオが掛かった!やった~と陸へ上げようとしたその時、針が外れ魚は水の中へ…。悔しい~!

1時間弱で1匹の当たりはまずまずの手応え。釣竿を返しにいくと、係のおじさんに「魚が掛かったらすぐ網に入れないとダメだよ」と取材班のフォロー不足を指摘された…ひでさん、ごめんなさい。

630-P03-1

ボートで湖に漕ぎ出そう

湖のある公園と言えばやはりボート。「ひでさんも若い頃、ボートでデートしたでしょう?」と、乗り気でないひでさんを取材班が無理やり引っ張り、スワンボート、ならぬアヒルボートに乗ってみた。

湖の周辺にいくつかボートの発着所があるが、場所によってボートの種類が異なるので注意しよう。今回は2号船着き場で「ボート」(60元/時間、デポジット200元)をレンタル。「アヒルボートは電動じゃなくて足漕ぎだよ、いいのかい?」と受付のおばちゃんに念を押されるも、「いいんです!」とアヒルを選び、湖中央にあるボートと同じデザインの巨大アヒル像を目指す。さあ、レッツゴ~♪

 強風でトラブル発生

真面目なひでさんは必死にペダルを漕ぎ、アヒルはよたよたと前へ。思ったより速く湖の中央に到達したので、少しひと休み…したいところだが、電動ボートにガツン、ガツンとぶつけられ気が気でない。「電動は楽そうでいいなあ」とポツリ、ひでさんが独りごちる。

困ったのが発着場への帰り。心なしか風が強くなってきた…と思ったら、ボートが流され始めた。こりゃいかん、と必死に中央のハンドルを握り、ペダルを踏み込む。漕いでは休み、休む間にボートは流され…。もうSOSを出すしかないか、と諦めかけたその時、ひでさんが最後の力を振り絞り、なんとか岸に到着。そして「この歳でキツい…。」とノックダウン…風の強い日は電動ボートをオススメする。

info

住所:大渡河路189号

電話:6245-3270

営業時間:5時~18時

630-P03-2

~上海ジャピオン2017年5月26日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。