上海ジャピオンの特集 記事

ばら撒け!上海みやげ

634-P1-1 634-P1-2

キュート&上海らしく

まずは市内の専門店で買えるギフトをチェック。紅茶専門店「ザ・バンド・ティーカンパニー」のギフトセット(写真①)は、ブラックティー以外に「ミントティー・アールグレイ・鉄観音4個セット」(30元)を用意する。どちらも茶を輸出する貿易船を描いた美しいパッケージだ。チョコレート(写真②)は、上海みやげ物らしく東方明珠塔が描かれている。ほかにも多種多様なデザインのパッケージを揃え、選ぶだけでも楽しい。中身はすべて約16・5㌢四方のビターチョコだ。続いてのオススメは、小龍包と餃子のキャンドルセット。フタ付きの小さな蒸篭(せいろ)が2段重ねになったこのキャンドル(写真③)、開けた瞬間に誰もが笑顔になること請け合いだ。最後に麻雀牌風金太郎飴が詰まったキャンディ(写真④)をピックアップ。爽やかなソーダ味が夏っぽい。

634-P2-1

定番パンダみやげ

ちょっぴりベタだけど、もらって嫌な気分になる人はまずいないのがパンダのみやげ物。珍しいハチミツ入りの湖南省産ビール(写真①)は、さりげないパンダ柄が◎。口に含むと甘さが広がり、のどを過ぎれば苦味が後を引く独特の風味だ。ほかに陳皮(ミカンの皮)入りビールやジンジャービールもある。

さて、空港の免税店でよく見かけるパンダグッズは、ショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」で買うと免税店より安く購入できる。中でもマグネット(写真②)やマスコット(写真③)は1個10元以下とかなりリーズナブル。むしろ送料のほうが高いぐらいなので、友人と示し合わせてまとめ買いするのをオススメする。

おまけで紹介したいのがチャイナボタン(写真④)だ。こちらは日本の半額以下で手に入るので、手芸好きの友人に買って帰ろう。

634-P2-2

中国好きなあの人へ

最後に、好きな人にはたまらない、マニアックな文房具みやげを紹介。今流行中のマスキングテープ、中国語で「和紙胶帯」と呼ぶ。かわいい柄が多い中で異彩を放つのが、清代・皇帝の乾隆帝の御印(写真①)や、故宮博物院に収蔵されている絵画「韓熙載夜宴」(写真②)がプリントされたテープ。使いどころがイマイチわからないが、歴史マニアには喜ばれるに違いない。麻雀好きには国土無双テープ(写真③)をセレクト。テープの柄はほかにも、中国山水画から古代イケメン男子アニメ柄まで種類豊富なので、選んでいて楽しい。

634-P3-1

~上海ジャピオン2017年6月23日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。