上海ジャピオンの特集 記事

汚れサッパリ 掃除用洗剤

P1-1 P1-2

家の中でも特に汚れやすいのがキッチン周りだ。頑固な油汚れや茶しぶ、スッキリ落として気持ちよく料理がしたい!そんな時に役立つ洗剤をご紹介。

①正章力量型油葫廬

調理し終えた後のコンロ周りの汚れは、放っておくとこびり付いて取れなくなってしまう。この洗剤は、もともとガス換気扇用の洗剤だが、油汚れを落とす効果があるので、ステンレス、ホーロー皿、焼き付け、テフロン加工のものなどにも使える優れもの。持ちやすく、シュッとひと吹きして拭くだけだから、手軽に使うことができる。匂いがキツくないのが◎。

②亮浄厨房去重油剤

すでにこびり付いてしまった頑固な油汚れは、落とすのに一苦労。そんな時にオススメよ、と洗剤売り場のおばちゃんにオススメされたのがこの洗剤だ。油を分解する成分が従来の3倍に増えた、と謳うだけあって、油汚れをサッと拭き取れる。こびり付いた油は、洗剤を吹き付けてから5~10分後に拭き取るのがよいとのこと。容量1㍑とたっぷり入っているので、大掃除する時などにも重宝すること間違いなし。

③84消毒液

使いこんだ湯のみについた茶しぶなどは、普通の洗剤で洗うだけでは、もう落ちない。そこでオススメなのが「84消毒液」だ。ツーンと鼻をつく塩素の匂いで、効果に期待が高まる。

中国語では「消毒液」と書いているこの洗剤、実際の用途は食器用漂白剤とほぼ同じ。容器には使い方が書かれていないが、食器類に使う場合は、液と水を1対9の割合で、ふきんなどには1対24くらいの割合で薄めると良さそうだ。漬け置き時間は大体20~30分ほど。輝く白さを取り戻すことができる。

P2-1

ジメジメと蒸し暑い季節に困るのが、バスルームの水垢やカビ。気付けばタイルが真っ黒…なんてことにならないように、専用洗剤で対策しよう!

①威猛先生玻璃清潔剤

バスルームに欠かせないものの1つに鏡がある。でも、汚れで曇った鏡だと、身だしなみにも力が入らないというもの。そんな鏡のウロコ取りにオススメなのがこの「威猛先生玻璃清潔剤」だ。

パッケージにあるスーパーマンのような男性のイラストは、「ミスターマッスル」の商品である証。アメリカから来た洗剤の製造・販売のプロで、上海には1987年に進出している。使い方は簡単。ノズルの先をひねって「ON」にし、鏡にシュッと吹き付けて、布や紙でこするだけだ。無リンで、匂いもほとんどない。

コレを使ってピカピカに磨きあげたら、思わず鏡に見入ってしまうだろう。

②威猛先生潔厠液

次は「ミスターマッスル」のトイレ用洗剤を紹介。コレの決め手はノズルのカーブ。便器の奥にこびり付いた茶色い汚れにチューッとひと吹き、ロックオン!あとはブラシでこすればOK。ラベンダーの香りも魅惑的だ。

③天璀去汚粉

残る汚れは、洗面台や便器、床のタイルなどについた頑固な水垢。それはこの魔法の粉で拭き取ってしまおう。から揚げ粉のようなしっとりとした粉を、水で濡らした部分に振りかけ、ブラシなどでこする。袋から粉を少量ずつ出さなければならず、やや難しいのが玉にキズだが、丁寧にこすっていけば、ピカピカのバスルームになること間違いなし。

P2-2

どんなにキレイでオシャレな服でも、汚れが付いてしまったら台無し。頑固なシミ・汚れを落とす、とっておきの洗濯洗剤を紹介しよう。

①白猫彩色衣物漂潔剤

長い間外を歩き回って薄汚れてしまった服、ずっとクローゼットの奥で眠ってて黄ばんでしまった服…おそらく1人に1着はそんな服があるに違いない。さらにそれを、塩素系の漂白剤を使ったら色落ちしてしまった…そんな苦い経験を持っている人もいるだろう。

そんな時はこの酸素系の漂白剤が便利だ。白い服はもちろん、色物にも使用OK。使用量の目安は、水30㍑に対し、洗剤のキャップ3杯分。ふんわりとした仕上がりで、匂いもよい。

②藍月亮衣領浄

あ!と気付いた時にはもう服に染み込んでいる、こぼした醤油や食べ物のシミ。そこには、コレが強い味方になってくれる。汚れ部分に念入りに吹きかけ、3分ほど待つ。その後は何もせず、直接洗濯機で通常通りに洗濯するだけだ。洗い終わった時、シミはすっかり消えているだろう。こすったり揉んだりする必要がないから、服が傷まないで済む。

③正章羊毛衫専用洗滌剤

デリケートなウールのセーターは、コレを使って手洗いするのがオススメ。洗面器に半分ほど張った水に液をキャップ3分の2くらい入れ、少し混ぜる。冬は湯でもいいが、25度以下にしよう。敏感な人は素手ではなくゴム手袋をした方がベター。そこに服を3~5分浸け置き、優しく揉み洗いし、泡がなくなるまで水で洗い流す。汚れの激しい箇所には液を少量付けてつまみ洗いしてから、先ほどの手順を踏むとよいだろう。

P3-1

最後は部屋全体の掃除用洗剤をピックアップ。週末や季節の変わり目の掃除に取り入れれば、部屋のキレイさがワンランクアップすること間違いなし!

①碧麗珠木地板護理蝋

フローリングに使う商品。表面のホコリは、あらかじめ掃除機やほうきで取り除いておこう。後は適量を床に撒き、スポンジか雑巾で拭く。2週間~1カ月に1回磨けば、ピカピカの床に生まれ変わるはずだ。滑って転ばないように注意しよう!

②緑傘地毯粉

うっかり絨毯にこぼしたコーヒーのシミは、なかなか取れにくい。そんな時はこの粉をシミの上に撒いて、付属のブラシで根気よくこすっていくと、シミが徐々に消えていく。水で濡らす必要はなし。残った粉は掃除機で吸い取るとカンタンに後始末できる。なお、ブラシをこするのに想像以上に力が要るので、筋トレ代わりに掃除してもいいかも?

③家安空調消毒剤

そろそろエアコンがフル稼働する季節。アレルギーを防いだり、電気代を節約したりするためにも、エアコン掃除を定期的に行おう。

まずは電源を抜く。それからカバーを外すと、ホコリの溜まったエアフィルターが出てくるので、慎重に外して布でふき取るか、水で洗い流そう。そしてこの洗剤をシューッとその奥のヒートシンクに吹き付ける。この時、マスクの装着を忘れずに。後は洗い終わったエアフィルターをよく乾かしてからセットして、30分ほど送風すればOKだ。ただし独特の臭いが少し残るので、換気はしっかり行おう。

 

~上海ジャピオン2017年7月14日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。