上海ジャピオンの特集 記事

たらふく食べたい! 海鮮グルメ

644-P1-1 644-P1-2

殻を手で剥いてガブリ

メルセデスベンツアリーナすぐのショッピングモール「世博源」内に構えるレストラン「聚蟹座」。ここは、シーフードの殻を手で剥きながら豪快に食べるスタイルで有名だ。

看板メニューの「海鮮盛り合わせ」(98~718元)は、エビやカニの脚入りなど全5種類。味付けや辛さを選べるので、一緒に食べにきた人と相談しながら決めよう。テーブルには光沢紙が敷かれ、ビニールエプロン・手袋などもあり、汚れる心配なし。

バケツに入って運ばれたエビや貝などの魚介類を手に取り、自ら殻を剥いてプリプリの身を頬張る。殻はそのままテーブルにポイするだけ。おろし玉ネギに醤油ベースの甘辛いタレが絡み、あっという間に食べ尽くしてしまう。料理で手が塞がり、口ももぐもぐ忙しくしているためついつい無言に…。いつの間にか目の前にはシーフードの殻が積み上がっている。

644-P2-1

簡単・ヘルシーな蒸し海鮮

ここ「海客蒸汽海鮮」では、テーブルに設置された蒸し器で具材を蒸す食べ方で、メインの魚介類は注文後にさばくため、新鮮そのものだ。水槽を設け、生きた食材を自ら吟味できるのがうれしい。アサリやカニ、ロブスター、魚ではヒラメなど白身魚を中心に約50種類を揃え、どれを頼むか目移りしてしまう。

蒸す作業は店員がやってくれ、客はできあがるのを待つだけ。「ボストン産ロブスター」(時価)は、テーブルに運ばれた時にはまだ身が動いている。フタをし、殻が赤くなったらいただこう! 甘味が非常に強く、何も付けずにペロリと平らげられる。魚の種類によっては少し薄味のため、味気ないと感じた時は肉味噌やおろしニンニクダレを付けて食べよう。そのほか、パクチーなどの薬味もあり、自分好みの味に仕上げられる。

644-P2-2

さばきたての姿造りで火鍋

上海科技館からタクシーで約10分の場所にある海鮮火鍋料理店「蒋記海鮮姿造」。羊肉がメインであることが多い火鍋だが、ここでは魚介類を鍋に投入する食べ方を提案する。

スジアラやヒラメ、サザエなど数十種類ある魚介類は、注文後に水槽から取り出しさばく。多くは時価のため、当日の値段を聞いておくのが無難だ。店名が表す通り、魚を姿造りにして運んできてくれるので迫力満点! 火鍋の具材用と刺身用の2タイプで切り分けてくれる細やかなサービスもうれしい。火鍋には「キノコスープ」(15元)や「辛スープ」(18元)など9種類を用意する。

切り身を10秒ほど火鍋にくぐらせ口に運ぼう。今回頼んだ「マダイ」(時価)は、噛んだ瞬間身がホロッと崩れ、タレや薬味なしでも自然な甘さを堪能することができる。

644-P3-1

甘党さえおののくシェイク

海鮮で腹いっぱいになっても、デザートは別腹のはず。まだ胃袋に余裕があるなら、そびえ立つスイーツタワー、いやシェイクを提供する専門店「ザ・ミルクシェイク・バー」でシェイク三昧はいかがだろうか。

色々な味のシェイクの上にホイップクリームがたっぷりと乗り、さらにその上に塩味のせんべいやチョコクッキー、チョコソース…。極め付けはコップの縁にクリームで付けた特製クッキーだ。希望すれば極太花火を1本挿してくれるので、思わず写真に収めたくなる。

ひと口飲んでビックリ! 想像以上の甘さだ。これ1杯で1000㌔カロリーを優に超えるというのも頷ける。周りの粉クッキーはスプーンで丁寧にすくいながら食べよう。甘さ控えめでシェイクのアクセントになる。

 

~上海ジャピオン2017年9月1日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。