上海ジャピオンの特集 記事

冬を楽しむ ウィンタースポーツ

656-1P-1 656-1P-2

ベンツアリーナでスケート

〝ライブイベントの会場〟というイメージが強い「メルセデスベンツアリーナ」。しかし会場入り口手前の階段を下り、左折後しばらく歩いていくと見えるのは、白銀のスケートリンクだ。ここ「全明星滑氷倶楽部」では、毎日朝から晩までアイススケートを楽しむことができる。

受付にて入場チケットを購入しゲートを抜け、スケート靴の無料レンタルスペースで靴を借りよう。中国のサイズ規格は日本と異なるため注意が必要で「中国のサイズ+10÷2=日本のサイズ」となる。足のサイズが20㌢なら30号、23㌢なら36号、26・5㌢なら43号。1元硬貨で使えるコインロッカーに荷物を預け、靴を履いたらいざスケートリンクへ。リンクの面積2109平方㍍は、フィギュアスケートの国際規格である1800平方㍍の広さをクリアする。

スイスイ滑ってストレス解消

 今回、ともに雪があまり降らない地域出身の取材班2人がトライ。スキー経験がある方はスイスイ滑れ、運動自体が久々だと言う方は全然前に進まず…スケート技術はスキー歴と比例しないようだ。何周も回るといい運動になり、コートが要らなくなるほど身体が暖まる。普段感じることのないスピードで風を切る爽快さに、日頃のストレスは解消。初級者でも1時間ほどでスイスイ滑れるようになり、中級者以上なら広いエリアでスピンやバックに挑戦するのもいいかも。

楽しさのあまり時間を忘れてしまうと、退場時に超過料金が発生してしまうから気を付けよう。

Info

住所:浦東新区世博大道1200号梅賽徳斯奔馳文化中心B2楼(×上南路)

電話:2025-8668×8667

営業時間:10時~21時半(土日は~20時半)

¥:50~100元/90分

※曜日や時間帯によって変動

656-1P-3

656-2P-1

金メダリスト設立のクラブ

「飛揚氷上運動中心」は上海市浦東新区政府機関サポートの下、2013年に三林体育中心内に設立。同センターは、ソルトレイクシティオリンピック時のスピードスケート金メダリストで、現在は国際オリンピック委員会の委員を務める楊揚氏が、子どもへのウィンタースポーツ普及を目指す場として誕生させた。ここでは、スピードスケートやフィギュアスケート、アイスホッケーを本格的に学べるとあって、中国人を中心に外国人の子どもも通っていると言う。

日本では荒川静香や浅田真央、羽生結弦のように、フィギュアスケート界の第一線で活躍する選手が多く、フィギュアスケートの知名度が高い。韓国・平昌オリンピックの開催が来年に迫り、ますます注目度が高まる中で、自分も習ってみたいと言う子どもが増えているはず。

 女子に圧倒的人気を誇る

同クラブでは、いずれの種目を習うにせよ、最初に基礎コースを修了する方法を採用。前に進む、片足で滑る、両足を交差させて滑るなど、17項目のスキルを習得させる。年齢や個々のレベルによって異なるが、1週間に1回のペースで通うと修了までに20回ほど掛かるんだとか。

本格的にフィギュアスケートを学ぶのであればスケート靴の購入は必須で、価格は800~5000元。リンクは1階の練習場と、国際規格を満たし試合を行える2階の2カ所があり、取材時は2階で約30人の子どもが練習に励んでいた。コーチは指導歴十数年の人からオリンピック候補までおり、1人のコーチで数人を指導。しっかりと練習していけば、ジャンプスキルを身に付けることもできる。男の子の姿もちらほらあったが、やはり女の子に圧倒的支持を得ているスポーツのようだ。

656-2P-2

米では4大スポーツの1つ

男子がウィンタースポーツを学ぶなら、アイスホッケーはどうだろうか。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは4大スポーツの1つとして数えられる。パックと呼ばれる、手のひらサイズの球を各チーム5人(1チームはキーパー含め6人)の屈強な身体の男たちが追う様は圧巻だ。またその試合形式から〝氷上のラクロス・格闘技〟と呼ばれるんだとか。

今回取材したのは、6歳前後の子どもクラス。1階の練習場は1026平方㍍の広さで、2階の半分ほどになっている。同クラスも1~4級の基礎コースを修了して初めて受けられる。アイスホッケーはスケートスキルだけでなく、身体をぶつけ合うことで強靭な筋肉を付けたり、攻守が目まぐるしく変わるため瞬発性が培われたり、チームプレイで協調性を養ったりすることができると言う。

 リンク上のヒーロー目指して

まずはコーチが手本となる動きを見せ、それに倣い基本動作を覚えさせる。足の動きや方向転換の仕方などを指導し、年齢が幼く経験が浅いうちは実戦を行わないので、体当たりのような激しいことはしない。

練習は単発性の少人数レッスンと、クラブ所属としてのチーム練習に分かれる。少人数レッスンの場合、1対1から1対4まである。一方チーム練習だと、メンバーとして毎月の練習プランに合わせて参加する。アイスホッケーをまだ知らない子どもでも、必死に練習すればリンク上のヒーローになれるかも!?

Info

住所:浦東新区雲蓮路201号三林体育中心内(×斉河路)

電話:6013-6250

営業時間:18時~21時(土曜は10時~19時半、日曜は10時~21時)

¥:フィギュアスケート120元~、アイスホッケー90元~/各30分、基礎コース850元/級

656-2P-3

656-3P-1

~上海ジャピオン2017年12月1日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。