上海ジャピオンの特集 記事

2017年ってこんな年! ローカルニュースまとめ読み

660-p1-1 660-p1-2

まずは今年、中国各地で話題となったニュースの中から、特に影響が大きかったものをピックアップ。

国産高速鉄道車両お目見え

中国鉄路総公司は9月21日(木)から、上海市―北京市間の計7路線で中国初の国産高速鉄道車両「復興号」を導入。試験走行で最高時速400㌔以上を記録したスーパー車両で、同区間の移動時間を今までより約20分短縮、約4時間半で走行している。同社の紹介によると、同車両に搭載するすべてのソフトウェアと、車体の約84%が国産だと言う。

そのほか、中国初の宇宙貨物船「天舟1号」の打ち上げ、国産ジェット機「C919」の試験飛行がそれぞれ成功するなど、中国の技術革新が話題となった。

中日国交正常化45周年

1972年9月29日、北京市で「中日共同声明」が発表され、中日の国交が結ばれた記念すべき日から、今年で45年が経った。また中日平和友好条約締結からも40年が経過。両国間で大きなセレモニーは開催されなかったものの、中日のメディアが両国の関係について議論を交わすなど、50周年に向け記念の1年を過ごした。

世界自然遺産近くで大地震

エメラルドグリーンの湖水が美しいことで知られる四川省の九寨溝県で8月8日(火)、マグニチュード7・0の地震が発生。山の斜面崩壊や落石、路面の損壊により、死傷者合わせて250人以上を出した。さらに湖水が一部流出し、世界遺産の景観が損なわれしまった。

この地震に伴い、国家旅遊局は旅行の安全に関する最高レベルの警告「一級安全提示」を発令。災害エリアに残る旅行客の避難、九寨溝への立ち入り禁止、旅行会社のツアー中止を指示した。なお今もすべてのエリアへの立ち入りが禁止されている。

660-p2-1

上海市では今年、法律の新施行やシェアサービス・デリバリー関連のニュースが目立った。

市内全域で室内全面禁煙

上海市では3月1日(水)から、屋内施設での喫煙を禁止する「上海市公共場所控制吸煙条例」が施行。屋内の公共スペースやオフィスのほか、小中学校、婦幼保健院などすべての場所が対象となった。

現在、同条例の施行から9カ月以上が経過。バーや娯楽施設などでは喫煙行為が散見されるものの、飲食店での喫煙率は施行前の39%から11%にまで低下したと言う。

〝シェア〟サービス続々

レンタサイクル「摩拝単車(mobike)」や「ofo」などは、昨年から市内で提供されていたサービスだが、今年に入り同業界内のサービス合戦が激化し、自転車の大量投入や利用料無料などが行われた。これを受け市交通委員会は8月に「レンタサイクル新規投入禁止令」を発令し、事業拡大に待ったをかけた。

また自転車のほか、傘やフィットネスジム、休憩所などで〝シェア〟を謳ったものが続々と登場。中国メディアが選ぶ流行語に「共享(シェア)」が選ばれたほどの話題ぶりだった。

デリバリー業界の今、未来

デリバリーの利用頻度が高まるにつれ、配達時に使うビニール袋のゴミ問題が深刻に。全国でサッカーコート168面分相当の量が、毎日廃棄されているとか。

負の一面が報道される一方で、今後大手デリバリーサイト「餓了麼」や「美団」などは、ビニール袋を再利用可能な紙袋に随時変更していく方針だと言う。また「餓了麼」は、小型無人機「ドローン」による配達システムを開発中。来年4月に試験運営を始める予定で、上空にロボットが飛んでいる光景を目にする日は遠くないだろう。

660-p2-2

多くの建物ができては消えていった本年。上海の街並みがどのように変わったのか見ていこう。

上海展望台ついにオープン

世界で2番、中国で1番となる高さ632㍍を誇り、2016年3月に一部営業を開始していた上海市浦東新区にある「上海タワー(上海中心大厦)」。その展望台「上海之巓」が今年4月26日(水)、ついにオープンした。

「上海之巓」は地上546㍍に位置。市内の景色を360度楽しめるほか、床にはめ込まれたガラスパネルから真下を覗ける。一方8月28日(月)にオープンした「巓峰632」は地上約583㍍にあり、強風による揺れを抑える制振ダンパーを備えている。

なお同タワーで使用されているエレベーターは毎分500㍍の速さで上昇するのだが、実は三菱電機が設計したもの。つまり日本の技術が、縁の下の力持ちとなっている。

アンデルセン童話の遊園地

楊浦区に6月、世界初となるアンデルセン童話をテーマにした遊園地「上海アンデルセン童話楽園」が開園。『マッチ売りの少女』や『みにくいアヒルの子』など、童話にちなんだエリアが広がる。

12月に入り、園内はクリスマス仕様に。また31日(日)は、開園時間が2時間半延長の19時半までとなり、年末イベントが実施されると言う。

松江区の路上物件立ち退き

松江区の瀘亭北路上にあった、立ち退きを拒否し続けていた物件の所有者が9月、14年越しに立ち退きに合意。この物件は3階建てで、長年道路の中央に残っていたことから〝最もすごい立ち退き拒否物件〟と呼ばれていた。

居住者の立ち退き後、物件は90分ほどで撤去された。その後、2車線だった道路が4車線になり、渋滞緩和に繋がった。

660-p3-1

最後に、ネットを中心に今年流行した言葉を紹介。知っている人は、かなりの中国通!?

 若手俳優が衝撃の告白

俳優兼歌手、ルハン(鹿晗)が10月8日(日)、女優の関暁彤との交際を「微博」上で発表。同サイトにアクセスが殺到し、同日サーバーがダウンする事態を引き起こした。

この発表時に使われた表現「大家好、給大家介紹一下、這是~(こんにちは、みなさんに紹介しますね、こちらが~です)」という表現が「微信(WeChat)」のモーメンツを中心にアップされた。~部分には、自分の家族や友人、彼氏彼女などが入った。

元は期末テストの嘆き言葉

今年1月、ある学生が期末テストの結果に落ち込み「我可能復習了仮書」とミニブログ「微博」上で嘆いたのが始まり。そのまま訳すと「偽のテキストを復習したのかもしれない」だが、「テストの結果がよくなかったのはテキストが間違っていたんだ」と責任転嫁しているのだ。

その後「可能~仮…(偽の…を~したのかもしれない)」の別バージョンが次々登場。「我可能収了仮紅包(間違った紅包を受け取ったのかもしれない≒紅包の中身が思ったより少ない)」、「我可能収了仮工資(給与が思ったより少ない)」など、哀愁漂う画像とともに様々な嘆きがネット上で広まった。

意味なきネット用語が拡散

最後に「皮皮蝦、我們走」をご紹介。ネットゲームで龍のようなモンスター・源龍星に主人公が乗った時に吐くセリフ「源龍星、我們走」。この源龍星がいつしかネット上で「皮皮蝦(シャコ、正式には蝦蛄と書く)」に変わり、シャコに乗った女の子の画像が拡散された。この言葉自体に意味はない。

 

~上海ジャピオン2017年12月29日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。