上海ジャピオンの特集 記事

スマホを持って無人店舗に行ってみた@上海

667-P1-1 667-P1-2

買い物は〝顔パス〟の時代

手ぶらで入場し、商品を取って出てくるだけで買い物終了。そんな夢のようなシステムを導入した雑貨店「蘇寧易購Biu!」が昨年11月に登場した。

同店は客が入店・退店する時にカメラで顔を認証し、商品の金額はアプリから自動的に引き落とす技術を確立。店内でスマートフォンを操作する必要がなく、最短1分ほどで買い物を済ませられると言う。

とは言え最初は、同店指定のアプリ「蘇寧金融」にアカウントを作成し、銀行カードや顔写真を登録するなど準備が必要なので、店頭にはスタッフが立ち案内している。利用方法を親切に教えてくれた。

カメラが顔と商品を認証

ではいよいよ入店。入口上のカメラを見つめると、5秒ほどで液晶画面に取材班の名前が表示され、ゲートオープン。店内で買いたい商品を物色するが、あまり特色のないタオルやドライヤー、ライトなど、品揃えは正直イマイチ。とりあえずマクラを手に取り、出口へ進む。因みにマクラの販売価格は34・5元。今回はキャンペーン中だったので、支払い金額は14・5元だった。

駅の改札に似た決済用ゲートに立ちカメラを見つめる…と、なかなか反応しない。ここでスタッフから「手に持っている商品を身体の正面に向けて」との指導が。持ち方にコツがあるようだ。そして待つこと約30秒、ついに画面に商品写真と金額が表示され、ゲートが開いた。今回はちょっとまごついたが、慣れれば相当スピーディーに買い物ができそうだ。

667-P1-3

667-P2-1

食品をロッカーにお届け

ネットから注文をすると、商品を自宅まで届けてくれる便利な宅配スーパー。このアプリ「食行生鮮」も宅配スーパーの一つだが、専用のロッカーを市内の各マンション内に設置し、そこに食品を届けてくれるのが特徴。言わば〝出張型無人店舗〟なので、自宅を留守にしがちなサラリーマンや何時外出するか予定を立てにくい人にはうってつけのサービスだ。ロッカーは市内で200カ所以上を設置し、浦東新区の「東和公寓」や「香梅花園」、長寧区の「仁恒河濱花園」内にもある。

 要冷蔵の商品も問題なし

まずはアプリでほしい商品を選択。野菜や肉、果物はもちろん、大豆製品、スナック菓子、生活用品など品揃えはバラエティ豊か。ローカルスーパーで売られているリーズナブルなものから、有機にこだわった高級品まで、様々なニーズに応じた商品を用意している。また米やトイレットペーパーなど、重たくかさばるものが買えるのもうれしい。

支払いは、まず同アプリに金額をチャージし、そこから買い物した分を引き落とす方式で、チャージは1元からOK。決済を済ませたら宅配先のロッカーと配達時間を指定する。宅配は翌日の午前中から指定可能で、時間は午前、午後の2種類から選べるが、場所によっては配達できない時間や日にちがあるので注意しよう。

手続きが終われば、ショートメッセージでロッカーを開けるためのパスワード番号が送られてくる。これを大切に保管し、後は指定した配達日にロッカーへ赴き、パスワードを入力すればトビラが開くので、商品を取り出せばOKだ。商品は常温と冷蔵、それぞれに分けられて保管されている。これで毎日の買い物がグンと楽チンに♪

667-P2-2

深セン発の最新技術が登場

最後に、複合施設「上海万象城」にオープンしていた「微信支付ポップアップストア」をご紹介。オンライン決済システム「微信支付」で入店から支払いまでを行う画期的なシステムが好評だったが、残念ながら期間限定店舗のため一旦終了。しかし、今後このシステムを導入する店舗が再び登場する日は遠くないだろう。

同店では、決済自体は微信支付で行うが、入店や会計には微信内の機能「小程序」の1つ「easygo便利店」を使う。電子機器の最先端技術がこのストアで体験できたというわけだ。

QRコードで入店、会計

同店は全面ガラス張り。入り口にはQRコードが貼り付けられ、それを微信で読み取ることでドアが開き、入店できる。

店内では、オリジナルデザインのグッズやサングラスなどの雑貨が販売され、今回はボトルと微信のオリジナルタオルを購入することに。普段見掛ける商品と大きく違うのは、商品にバーコードがないことだ。その代わりシール状のタグが貼られ、これに商品情報が凝縮されている。

店の奥にある出口用ドアにもQRコードがあり、その手前の床には立ち位置を指示するマーク、そしてその両サイドには2枚の立て板のようなものが…。指示通り所定位置に立ち、QRコードをスキャンすると選んだ商品と会計画面が現れ、後は決済するだけ。するとドアが開き、退店できた。

将来的には、コンビニから店員やレジスターが消えることを予感させた同店。一方で、設備の故障や停電などで客が店に閉じ込められる恐れが考えられるほか、買い物途中でスマートフォンが電池切れとなった場合など、トラブル対策も必要と感じた。

667-P3-1

~上海ジャピオン2018年2月23日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。