上海ジャピオンの特集 記事

中国人と行く! ビザなしワクワク海外旅行

671-P1-cs6-1671-P1-cs6-2

W杯観戦はノービザで

中国と陸続きなこともあり、中国北部に住む人にとっては比較的馴染みの深い国、ロシア。2017年には1年間でのべ94万4000人の中国人が訪れるなど、旅行先としても人気の国となっている。

さて、ロシアで今年6月に開催されるビッグイベントが、サッカー「2018FIFAワールドカップ・ロシア」だ。この大会開催に伴い、同国ではビザなしのファンIDカードが付いた観戦券を販売している。このチケットの有効期限は、第一試合開始の72時間前から、すべての試合終了までと言うから、最長で1カ月ほどノービザで滞在できる算段だ。

寒さ厳しいロシアも、6月~7月の平均気温は15度前後と過ごしやすい。爽やかな気候の中、「赤の広場」や「聖ワシリー教会」など定番の観光地を渡り歩いてみては?671-P1-cs6-3

近場で自然遺産を満喫

国際クルーズ船の寄港地でもある、韓国最大級のリゾートアイランド・済州(チェジュ)島。韓国の観光政策により5年前から、中国人へのビザ免除が始まった。海外から直接済州島に発着する飛行機やフェリーを使うことなど、一定の条件を満たせばノービザで観光ができる。一方で注意しなければいけないのは、意外にも服装。スーツほどの正装は必要ないが、明らかに旅行客とわかるような服装で行った方が◎。以前、服装が原因で入国を拒否されたケースがあったようだ。また、ビザ免除の政策が適用されるのは済州島のみ。ビザなしでは、韓国のほかの場所へは移動ができないので気を付けて。

漢拏山(ハルラサン)国立公園、城山日出峰など、ユネスコ世界自然遺産も有する済州島で、美しい大自然を満喫しては?

671-P2-cs6-1

〝微笑みの国〟も着陸ビザで

中国人にとって、最もポピュラーな海外旅行先の一つである、タイ。2017年は、のべ3500万人に上る中国人観光客が、タイを訪れた。

タイは、中国人のアライバルビザの取得が可能な国。現地で着陸ビザ申請表に記入し、縦6㌢×横6㌢の顏写真とパスポート、入国カード、搭乗券を提示後、ビザ料金1人1000バーツを払えば申請可能だ。

バンコク到着後、「アライバルビザ(Visa on Arrival)」の指示に従って進むと、入国審査手前に専用カウンターがある。ただし、行列に並ぶ必要があり、ビザが下りないケースも散見されるので、心配ならやはり事前申請するのがオススメ。旅行会社に手続きを依頼する場合、350元+手数料ほどで代行してもらえる。

「ワット・アルン」や王宮などの観光地巡りの後は、本場のタイ料理を満喫したい。

671-P2-cs6-2

ブーム到来のカンボジアへ

2017年、中国人観光客が100万人を突破し、爆発的なブームとなったカンボジア。

カンボジアは、プノンペン、シェムリアップなど5つの空港において、アライバルビザを取得できる。手続き費用は30㌦。空港到着後専用窓口にて、パスポートとアライバルビザ申請表、顔写真を提出し、手数料を支払う。ビザ手続きが完了次第入国審査へ進む。

一方、やはり事前のビザ取得が安心という人は、電子ビザを取得しよう。カンボジアの電子ビザは、旅行会社に代行手続きしてもらうか、個人でオンライン申請も可能。費用は個人で申請する場合、電子ビザ費用が30㌦、手数料が7㌦。申請してから3営業日後に発給されるので、プリントアウトして持参しよう。

世界遺産「アンコールワット」の周辺には、世界的リゾートホテルも。心と身体を同時に癒せる、新しい旅のスタイルだ。

671-P2-cs6-3

ビザ免除でますます人気?

世界有数のリゾート地として非常に人気の高いバリ島や世界遺産のボロブドゥール遺跡など、観光資源が豊富なインドネシア。2017年にインドネシアを訪れた中国人観光客は、のべ150万人に上る。

国の観光客誘致政策によって、16年から観光ビザが不要に。指定の空港・港から入国の場合に限って、ホテルの予約確認書などの書類を提出すれば、ビザが免除となる。ノービザで滞在できる期間は30日間。延長は不可。なお、ノービザ期間とは別に、アライバルビザの制度も設けている。ビザ手数料35㌦を支払うと、30日間滞在できるビザが下りる。このビザの場合は、1回のみ延長が可能で、計60日間滞在可能だ。

インドネシアは、とにかく制度の変化が多い国であり、また入国ルートによってビザ事情も様々なので、出発前に最新情報の収集をオススメしたい。671-P2-cs6-4

憧れの楽園で休日

インド洋に浮かぶ1200もの島々からなる群島国家、モルディブ。2017年、中国人観光客が最も行ってみたい国の6位にランクインするほどの人気ぶりだ。

モルディブは早くから、中国人観光客に対しビザ免除政策を行っている。①パスポートの有効期限が6カ月以上で、空白ページが少なくとも2ページあること、入国の際に、②往復、もしくは次の目的地への航空券を所持していること、③旅行するのに充分な経済力があることが証明できる、現金や国際クレジットカードを所有していること、この3つの条件を満たせば、入国カードへの記入のみで入国できる。

モルディブでは、ぜひとも水上バンガローに泊まってほしい。珊瑚礁巡りをしたり、ウミガメと戯れたりと、都会暮らしに疲れた心身を、水の上でのんびりと癒そう。

671-P3-cs6-1

~上海ジャピオン2018年3月23日発行号

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。