上海ジャピオンの特集 記事

知的好奇心をくすぐる! 子ども博物館巡り

675-P1-1 675-P1-2

子ども連れで無料の博物館

10号線「宋園路」駅から徒歩5分の場所にある「上海児童博物館」は、2~6歳ほどの子どもを持つ家庭に人気の博物館だ。

同館は、入館料が無料。子どもと一緒でないと入館できないので注意が必要だ。同館は非正規教育機関として、地球の成り立ちを子どもに理解してもらうよう、「観測船」、「深海」、「宇宙」、「地球」の4テーマに分け、資料を展示。またミニゲームなどもあり、地球環境について楽しく学べる。それではいざ、地球を巡る旅へ出掛けよう。

 海、宇宙、地球を学ぶ

展示スペース入口は潜水艦の内部を再現した造りで、人が通ると青白い光が点滅する。これには、近くにいた子どもが大はしゃぎ! 出だしは好評のようだ。最初の観測船エリア「進入船艙」に進むと、電子パネルが並び、ミニゲームを楽しめるスペースがお出迎え。ここは、中国の極地観測船「雪龍号」がモチーフとなっており、実際に同船で撮影された映像が流れるので、南極調査を疑似体験できる。

奥に足を運ぶと、目の前には大きな潜水艦が…。艦内では、子どもが潜水士さながらにボタンを操作し、その姿を親がほほえましく見守る光景が広がる。潜水艦の前には、イルカやクジラなどの映像が流れ、親も楽しめる空間だ。

2階に上がり、宇宙空間「太空旅行」へ。壁一面で宇宙の仕組みを解説するほか、スペースシャトルの一部を模したオブジェもあり、宇宙飛行士になった気分になれるかも。地球を取り巻く環境を楽しく子どもが学ぶのに、ピッタリだ。

675-P1-3

675-P2-1

百年の歴史ある天文博物館

子どもの頃に一度は行ったことがあるだろうプラネタリウム。上海市でデジタル版プラネタリウムを楽しめるのが、松江区に構える「上海天文博物館」だ。

同館は「佘山国家森林公園」の山頂付近に構え、公園の入場自体は無料で、博物館の入館料は1人12元。公園とは言うものの博物館へ行くには山を登らねばならず、結構な体力を要する…。歩きやすい靴で行くのがオススメ。

「上海天文博物館」は、1900年にフランスが建てた佘山天文台が前身。大型の天体望遠鏡も設置しているのだが、これは中国で最も早く設置された天体望遠鏡と言われており、ここは100年以上の歴史がある場所なのだ。

 電子プラネタリウムを鑑賞

まずは天文学の歴史を時系列で解説する展示スペースを進んでいく。太陽系の仕組みや月食・日食などを説明しているのだが、中国語であるためほとんどわからない。ここはイラストを見て楽しもう。この建物を抜けると、日時計や星座測定器のような道具が通路に展示されており、天文ファンは気分が高まるはずだ。

次の建物に移動し、お目当てのデジタル版プラネタリウム「万緯数字天象庁」へ。中国科学院上海天文台による最新衛星データを随時取り入れ、鮮明な星空を放映しており、子どもに大受けすること間違いなし。期待に胸を膨らませ場内に入ると、数十人が床に座っていた…。日本のプラネタリウムを想像すると違和感を覚えるかもしれない。上階では、先述の天体望遠鏡を見られる。宇宙が広がる同博物館へ、ぜひ一度足を運んでほしい。

675-P2-2

675-P2-2

先月オープンの歴史博物館

3月26日(月)に開館した「上海市歴史博物館」は元々、1932年に建てられた「上海革命歴史博物館」を改装したもの。ここでは、上海市一帯の約6000年に渡る歴史を万遍なく学べるとあって、中学生以上の子どもはもちろん、大人も楽しめる博物館となっている。館内は東棟と西棟に分かれ、東棟1~4階では、市の歴史を常設展示。西棟では6月24日(日)まで、建国後初の市長を務めた故・陳毅氏のプロフィールや、遺族が提供した彼の遺品、当時のニュース映像などを鑑賞できる。

大人も大満足の展示資料数

東館入口にて手荷物検査をしたら、いざ入館。まずは、最新技術を用いたデジタル展示スペースがお出迎え。電子パネルをタッチすると、知りたい年代の資料を表示してくれる。奥に進むと、10年の歳月を掛けて造られた婚礼用かご「百子大礼轎」が煌びやかにその存在感を放っているほか、市の風景などが描かれた近代絵画も飾られている。

2~4階は、階ごとに年代が分かれ、2階は古代、3階は中世、4階は近現代の資料を展示。各階では、土器や過去の印刷物、模型など、解説付きで1000点近くを展示しており、無料とは思えないほど見応えがある。ついつい子どものことを忘れ、親が見入ってしまいそうだ。さらに4階の最後には、市で当時製作された国章そのものが飾られているなど、上海の歴史を学ぶには打って付けの場所だ。

675-P2-4

675-P3-1

~上海ジャピオン2018年4月20日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。