上海ジャピオンの特集 記事

THE 今日の中華弁当

678-1-1

678-1-2

気になるあの子の弁当は

玉子焼きに唐揚げ、ソーセージ…。日本人の弁当と言えば、こんなおかずがよく入っているけど、中国人の弁当には何が入っているの? ちょっと中を覗かせてもらいました。

「今日は気合を入れて作ってきた」というYちゃんの弁当は目にも鮮やか。プリプリとしたエビの下には、枝豆とトウガラシの炒め物が隠れている。自炊が得意なYちゃんは、前日に弁当のおかずを作っているんだそう。中国には冷凍おかずがあまり売られていないから、用意するのが大変そうだ…。

一方、いつも晩御飯の余りを弁当に詰めてきているR君。両親と同居なので、毎日のご飯はパパ・ママの手作りだ。このように、前日のおかずを弁当として持ってきている人が多いようだ。

678-2-1

白米の上におかずをドン

デリバリーの定番、お弁当。今回はデリバリーサイト「美団外売」から、よくある二種類をセレクトした。

全国に700店舗を展開する弁当チェーン「我呀便当」からは、色んなおかずが詰まった「咕叽菇鶏弁当」(27・9元)を試食。中国ではこのように、白米の上におかずをビッシリと並べたスタイルの弁当が多く、丼物のようにスプーンを使い、おかずと白米を一緒に食べる。ヨーグルトがオマケで付いてきた。

お次の、チキンカツがおいしそうな「勁脆鶏排套餐」(34・8元)は「咕米便当」で注文。この店、英語名が「GOMI BENTO」と言うのだが、ちゃんとした弁当なのでご安心を。おかずが仕切りで分けられているので、味が混ざるのが嫌な人はこちらがオススメ。35元は高い!と感じた人は割引率にご注目、実質22・8元で届けてくれる。

678-2-2

カロリー控えめランチなら

昼からこってり中華はちょっと…という人には「美団外売」で急増中の、オシャレでヘルシーなサラダ・スープ系をオススメしたい。

「捉腰季軽食&禅食」では〝低脂肪、低糖質、減塩〟と三拍子揃ったランチを提供。商品ごとにカロリーが計算されていて、ダイエット中の人にもピッタリだ。直径18㌢ほどの丸い器に、たっぷりの野菜と雑穀「キヌア」が詰まっている。なおキヌアはパスタや蕎麦、雑穀米などに変更可。

暖かいご飯を食べたいなら、中華スープ店「湯先生」の料理をどうぞ。専用のカップに入れて届けられる「清清排骨湯」は熱々で、ブタ肉のほかにもトウガンやカボチャ、ヒヨコ豆が入っており食べ応え抜群。蒸し野菜の詰め合わせ「粗糧盒子」と併せて栄養をたっぷり摂ろう。かなりの薄味だが、付属の塩と砂糖で味を調整できる。

678-3-1

~上海ジャピオン2018年5月11日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。