上海ジャピオンの特集 記事

士林夜市で台湾グルメ

691-特集-1-700691-特集-2-700

台北の人気夜市が上海へ

 中国台湾の超人気B級グルメスポット「士林夜市」。熱気溢れる屋台が立ち並び、できたての「小吃(軽食)」が食べられるとあって、地元民にはもちろん、観光客にも有名な場所だ。その夜市が昨年に続き、期間限定で上海市の遊園地「錦江楽園」にやって来た。

事前情報によると、週末や祝日の夜は各店に長蛇の列ができるとのこと。混雑を避けるなら、早めの時間帯がベターだ。さらに、平日夜は比較的空いているらしい。今回は、日曜日の昼下がりに突撃してみることにした。

平日・週末昼が狙い目

「士林夜市」の入口は、「錦江楽園」の左手にある。ニュースサイトには16時半~21時半の間は入場無料とあったが、昼の12時半に訪れた際にも無料で入ることができた。ラッキー! 早い時間とは言え、夏休みの週末ということで、多少の混雑は覚悟で訪問。しかし、客の姿はまばら…拍子抜けするほどだった。日差しが強く、暑過ぎたせいかも。そのせいか、一部の店舗はシャッターが下りていた。

会場は中央に1列、テーブル&イスの並ぶテントがあり、その両側を囲むように店舗が並んでいる。が、店舗の数に対し、スペースが足りないような…混雑時は立ち食いを覚悟した方がいいかもしれない。また、基本は露店営業のため、雨天の場合はちょっと不便そうだ。

各店舗での支払いは「微信支付」、「支付宝(アリペイ)」、銀聯カードが使用OKで、現金は利用不可。もし現金しか持ち合わせていない場合は、プリペイドカード「美食卡」(200元)を購入する。使い切れなかった時は、カード返却時に残金が戻ってくるのでご安心を。入口右側のエリア奥にある木造の窓口で販売している。また読み取り機械が故障している店舗も見受けられ、止むを得ず現金払いとなることもある。

ではいよいよ、次のページで〝夜市B級グルメ〟紹介していこう!

691-特集-3-700

「士林夜市」の入口を抜けると、まず目に入ってくるのが、輪投げや射的などの縁日系ゲームの店。そして奥の方、メインストリートの右手に、夜市の目玉とも言うべき、中国台湾小吃の店舗が軒を連ねるエリアがある。夜市名物のソーセージ類や、牛肉麺・大腸麺などの麺類、牡蠣入り玉子焼き、クレープ、フルーツティー、パイナップルスムージー、そして中国台湾スイーツの代表格・マンゴーのかき氷と、思わずお腹が鳴ってしまうラインナップだ。

メインストリートの左手には、飲み物やスイーツ、スナック系の店がズラリと並ぶ。ここは綿菓子やソフトクリーム、鶏の唐揚げ、ミルクティーなど、子どもや女性が喜びそうなメニューがたんまり。また食べ物以外では、似顔絵を描いてくれる店なども出店している。

さらに奥へ進むと、今年新たに増設された四川省の小吃エリアが出現。真っ赤な唐辛子ソースを掛けた豚足や鶏の脚、人気の串系も充実。もちろん担担麺や、辛さで痺れた舌をクールダウンするための四川スイーツも欠かせない。

中国台湾と四川省の小吃はどちらも、メインとなる食材や調味料を、それぞれ地元から空輸しているため、より本場に近い味を楽しむことができる。

今回は次の6品を購入。はたしてお味は如何に!?

①土豪金氷淇淋(大富豪・金のソフトクリーム)

ネット上で一番人気なのがこちら。「土豪(=成り金)」というネーミング通り、真っ黒いソフトクリームにキンピカの金粉が掛かっている。ソフトクリームの、黒い成分は竹炭によるもので、味はごく普通のミルク味。ただし、暑さで溶けるのが早く、服やバッグに付くとなかなか落ちないのでご用心!

②芝麻醤拌面(ゴマダレ麺)

夏の台北夜市、定番メニューといったらコレ。ハム、キュウリ、ニンジン、ムラサキキャベツなどを乗せた麺に、濃厚なゴマソースを掛けた麺料理だ。ちょっと甘いゴマダレがよいアクセントとなり、暑くて食欲のない時でも、ツルッと食べられる。

③爆漿芝士焼(海鮮クレープ)

女子受け間違いなし!の中国台湾式虹色クレープ。パリッと焼き上げた皮に、チーズやコーン、小エビ、イカ、ホタテといった海鮮を乗せて巻く。焼き立ての皮がパリパリのうちに頬張りたい。とろりと溶けたチーズの中、トビコのプチプチとした食感がおもしろい。因みに、生地はビーツなどの豆類を使って色付けをしている。

ほか、フルーツの入った甘いクレープもあり。

691-特集-4-700

④花枝小丸子香腸串焼(団子とソーセージ)

中国台湾グルメの人気投票でベスト10入りしたという小吃。イカのすり身団子の揚げたものと、ソーセージ、イカ墨入りソーセージのセット。「椒塩(塩コショウ)」、「麻辣(ピリ辛)」、「番茄(ケチャップ)」など、ソースは7~8種類から好みに合わせて選べる。特に「番茄」は、子どもが喜びそうな味!

⑤蚵仔煎(牡蠣入り玉子焼き)

こちらも中国台湾屋台グルメの定番、牡蠣入りの玉子焼き。本場に比べても大ぶりな牡蠣が、ゴロゴロ6つも入っているのがうれしい。また、野菜もたくさん入っており、ヘルシー。玉子焼きだが、食感はモチモチしている。

注文してからその場で焼き上げてくれるので、作り方の工程を見ることができるのも、夜市ならではの楽しみだ。

⑥糍粑氷粉(中華ゼリー)

最後は四川エリアの小吃から。取材時はとても暑い昼下がりだったため、この日の来場者の一番人気だったメニューがこちら。プルンとした、寒天に近い食感の氷粉にピーナッツやゴマ、ナツメ、キンモクセイ風味のシロップをかけた、甘くて冷たい四川の甜品。美容にも効果がありそう。

691-特集-5-700

~上海ジャピオン2018年8月10日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。