上海ジャピオンの特集 記事

イヌと食べる&イヌを食べる!?

698-01698-02

肉汁たっぷりパティに大満足

日差しがやわらぎ、すっかり過ごしやすくなった今日この頃。愛犬を連れて散歩するなら、ぜひこのハンバーガーレストラン「チャーリーズ」に立ち寄ってみよう。

ボリュームたっぷりの「牛肉漢堡(ハンバーガー)」(30元~)をはじめ、「熱狗(ホットドッグ)」(35元~)や「奶昔(シェイク)」(30元~)などを揃え、ザ・アメリカンな雰囲気が漂う同店。自慢は注文を受けてから、その場でじっくりと焼き上げるパティ。ふわふわのバンズと一緒に被りつけば、ジュワッと肉汁が溢れ、芳ばしい香りが鼻腔をくすぐる。

そんなとっておきの食事タイムを、我が愛犬も味わえるのが同店の魅力。「狗狗牛肉餅(イヌ用パティ)」(20元)は、先のパティから塩、コショウなどの調味料を抜いたもので、同じく焼きたて、アツアツのものを提供してくれる。またアフタヌーンには、「狗狗餅干(イヌ用ビスケット)」(20元、3個)をおやつとしてあげるのも◎。

イヌを連れ込めるのは、1階外のテラス席のみだが、かわいいピンクのパラソルとイスにテンションは急上昇。1階レジ横には同じくピンクの大きなブルドッグが鎮座しており、同店オーナーの犬好きが伺える。

イヌのパーティーならココで

同店のほかに、イヌ用メニューを揃えるのが、マレーシア料理「Cafe Sambal」2階に構える「Lucky&Joy 幸運心花園」だ。こちらは事前予約すれば、2階室内、テラス席ともに利用可。「イヌ用ピザ」や「ハンバーガー」(各59元)、「オリジナルケーキ」(98元~)など料理を豊富に揃え、ここで愛犬の誕生日パーティーを開く人も少なくないんだとか。

698-03

698-04

テラス席で優雅なひと時

女性がオシャレなカフェのテラスでコーヒーをすすり、足元にはかわいいチワワがちょこんと座る…。そんな外国映画のワンシーンを再現できるのが、このイタリアンレストラン「99% Baboo」だ。

外資系企業が多い康定路エリアに位置する同店は、欧米人の顧客も多い。平日昼には、スープにピザやパスタなどのメイン、ドリンクが付いた「ランチセット」(58元~)を求める人で満席になるほどの人気ぶりだ。

同店のテラス席は道路より高く独立しており、広々とした雰囲気。ウッドデッキとパラソルが優雅な昼下がりを演出する。また夜にはネオンライトが輝き、大人っぽい空間に早変わり。今の季節は、外でアルコールを楽しむ人たちで賑わいを見せる。

ほか同店の徐匯緑地繽紛店もペット連れにはオススメ。緑溢れる中庭で、ゆっくりとペットとのひと時を過ごすことができる。なお、最近オープンした徐匯区にある「徐匯緑地繽紛」や、長寧区の「長寧来福士」といったショッピングモールでは、1階レストランのテラス席がペット同席可であることが多い。お気に入りの店があったら、一度ペット持ち込みについて確認してみるといいかも。

看板イヌ&ネコがいる店

もう一つオススメしたいレストランが、プライベートレストラン「Dog&Cat Kitchen」だ。完全予約制で、一晩にひと組の客しかもてなさないという同店は、オーナーのイヌ&ネコが人懐っこく客を迎えてくれる。ここで愛犬のためのパーティーを開く人も多いそう。もちろん、ただ店のイヌ&ネコと戯れたい人も歓迎している。

698-05

698-06

イヌ型ケーキは一週間待ち

飼ってはいないけど、イヌは食べちゃいたいほど大好き! そんなアナタは、とびきりキュートなイヌ型ケーキを食べに行こう。

ここスイーツショップ「Somekissy 深吻時刻」でオーダーできるのは、どこか哀愁漂う表情のブルドッグ型ケーキ「Mr&Miss Kiss」(159、299元)。中国台湾で人気に火が付いたこのケーキは、ここ上海でもSNS上で爆発的な人気を呼び、現在は何と1週間待ち。まずは同店微信公式アカウントからケーキを予約購入し、指定日当日に同店へと向かう。

いよいよケーキとご対面。今回取材班がオーダーした「Miss Kiss」(159元)は首にリボンがちょこんと付いた女の子のブルドッグで、体長14㌢、2人で食べるのにちょうどよい大きさ。これの約2倍大きいのが、男の子の「Mr Kiss」(299元)のようだ。

切り分けるのがかわいそう!?

細部まで作り込まれた顔のシワ、なぜかしっとりと濡れている毛並み…。いざ身体にフォークを入れようとすると、そのリアルすぎる容姿に誰もがためらう。それでもエイヤと胴体を切り分ければ、身体の中から白いクリームがお目見え。外はクリーミーなチョコレート、中は甘いバナナクリームで、ややお子様向けの味だ。足先や頭部分はチョコクリームのみ。爪の先までしっかりと毛並みが作られていることに感心しながら、ゆっくりと味わいたい。

なお同店のショーケースにはほかにも、ウサギの形をした「ケーキ」(58元)など、乙女心をくすぐるスイーツがずらり。イヌ好きだけでなく、かわいいものが好きな女子は必見の一店だ。

691-07-02

698-08

~上海ジャピオン2018年9月28日発行号

上海ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

  1. 中国鉄道食事事情
  2. Photogenic Pancake
  3. イヌと食べる&イヌを食べる!?

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。