上海ジャピオンの特集 記事

700号記念 ラッキー7のお買い物

700-P1-1 700-P1-2

ローカル朝ごはんを狙え

まずはつなガールとつなタローが、朝ごはん・ブランチをテーマにして先陣を切るわ! でも、私は77元でやりたいから、7元はつなタローに任せたよ(笑)。

仕方ないな~、じゃあ僕つなタローが7元でトライするよ。この値段でブランチは難しいし、やっぱり朝ごはんかな。じゃあまずはパン屋で探してみるか…「BON MATIN PARIS」がオススメだけど、どれも10元以上するな。お、僕が好きな場所「85℃」で、7元を発見! 「あんドーナツ」に「チキンカレードーナツ」、どっちも日本人好みの味だし購入っと。

あとローカル朝ごはんの手抓餅も買おう。これだけだと4元だから、3元のソーセージも付けて、ジャスト7元の朝ごはん! お腹いっぱい食べられたよ。

中国では〝7〟より〝8〟

じゃあ、今度こそ私つなガールがチャレンジするね。でも、ブランチはどこも58、68、78元…と、1桁目が〝8〟のものばっかり。中国は8の音と似ている漢字〝発(発展するの意)〟があるから、〝7〟より〝8〟の方が好きなんだね。だけど絶対に77元を見つけるわ!! やった~、このレストラン「シャドウ」さん、77元のランチセットが売ってるからこれを注文っと。サラダに選べるスープ、そしてメインのパスタorリゾット。スープは秋らしいパンプキンスープ、メインはイカスミリゾットでお願いします☆ あれ、サラダは小鉢じゃなくて大皿じゃん、これで1人前なのね。スープも自然の甘味で、おいしい。そして、最後のメイン。ごはんの上にエビやムール貝が乗っているだけじゃなくて、中にちゃんとイカの身も入ってる~。チャレンジ成功&ごちそうさまでした☆

700-P2-1

人気観光地で7元を発見

じゃあ次は、私つなガリ勉が紹介いたします。上海でお土産を買う場所と言えば、やはり「田子坊」。なんでも今年の国慶節休暇で、上海の人気観光地ナンバー1だったということであります。それなら、きっとみなさまに喜んでもらえそうな7元商品を紹介できそうですね。

とりあえず、中をグルッと見て周りましょう。う~ん、どんなに安くても15元とかで、7元のものはおろか、10元以下のものさえ見つかりません…。っと、この雑貨店「三生有信」で、絵ハガキが1枚3元で売られております。でも2枚で6元…えっ、ここではそのまま郵送もできて、中国国内なら4元!ピッタリ7元ではありませんか!!それと、8元ではありますが、ピンバッジもありますから、つなギャルのためにこれも買いましょう。

 77元以外で700号記念?

ゲ~、こんな安いピンバッジなんていらないわよ、つなガリ勉。じゃあつなギャルが77元でチャレンジよ。この値段なら、そんなに見つけるのも難しくないわよね~、ラッキー☆

…ぜんっぜん見つからないじゃない!!99元はチラホラ見掛けるけど、それじゃダメダメ。つなガールが言っていたように、中国ではそこまで〝7〟という数字を特別視していないんだね。でも何も買わないわけにはいかないしな~。あっ、700号なら〝70元〟でもいっか(笑)。ここのキャンディー専門店「キャンディーラボ」は、店内でキャンディーを作っているんだけど、いつ見てもかわいいよね~。今はハロウィン模様がオススメみたいだから、キスマークをしたものと、オバケやパンプキン柄のものを買おうっと。その帰りで見掛けた「京扇子」の扇子もかわいい~。76元だけど、惜しいってことで勝手にオーケー☆

700-P2-2

ゾロ目価格の商品が…

さて、僕たちつな王子・つなプリンセスの出番だね。田子坊は人が多いし、今はネットで多くの商品が買える時代。ネットショップ「淘宝」なら、7元ピッタリのものが見つかるはずだ。

とは言っても、逆に商品が多すぎて、何を選べばいいか迷うな…。中国のマスコットキャラ且つ、上海で生まれた双子パンダ「月月」、「半半」にちなんで、〝パンダ(熊猫)〟で検索してみよう。おお~、さすが「淘宝」、3元、5元…とたくさんあるね。おおお、パンダの中に突如現れたこの「LINE friends」のウサギキャラ「コ二ー」の人形、7・77元!! しかも送料無料だから、7のゾロ目、今回の買い物にピッタリじゃないか。あと、7元の吸盤付きパンダのぬいぐるみも購入して、支付宝で決済してと。うん、我ながら素晴らしい出来だな。…って、何かメッセージが来てる。「コ二ーのぬいぐるみがなくなったから、ほかの商品でもいい? 値段はそのままでいいからさ。」って、謎のウサギの写真が送られてきた…。ないものはどうしようもないから、仕方ないか。

巨大クマのぬいぐるみ

今度はわたくしつなプリンセスが、77元でトライしますわ。つな王子の言う通り、商品が多すぎて迷いますね…あらこのパンダさん、すごくいかつい顔。わたくしの好みではありませんが、70・77元と〝7〟が多いので1着購入します。

このクマのぬいぐるみ、かわいいわ。でもこの大きさだと77元では買えないのではないかしら…。あら! 80㌢タイプは77元ではないですか。それではこれもボタンをポチッとして、はい、ミッションコンプリートですわ♪ 早くお部屋まで届けてくれないかしら、ベッドに置いて一緒に寝たいわ。

700-P3-1

主婦の勘を頼りにトライ

さて最後は私たちつなママ・パパが、量り売りにチャレンジよ!ママは普段から野菜や果物を量り売りで買い物をしているから、自信があるわよ~。

トライするのは、乾物屋「六六順 淮海中路店」で7元。ここにはドライフルーツや茶葉など、中国ならではの乾物が豊富なの。じゃあ、湯を注ぐと花開く玉状の「茉莉花茶」を袋に詰めて…って、自分でやるから、店員さんは詰めなくていいのよ!ああ、入れすぎちゃった…。じゃあこの「ドライレモン」はママが入れるわ!この2つを秤に乗せて精算っと。店員さんが入れたのは53・60元、ママの方は12・3元。ママのも何かビミョーな数字ね…。

 人気チョコを自由に選べる

ホッホッホッ、つなママの勘は頼りないのう。どれ、ワシがピッタリ77元で買ってみようじゃないか。チャレンジは…そう、南京東路に9月28日(金)、リニューアルオープンした「上海世茂広場」1階に構える旗艦店「M&M‘S WORLD」じゃ。この〝WORLD〟が付く店舗は世界で5カ所しかなく、アジア初だそう。チョコレートはもちろん、Tシャツやキーホルダーも売っておるから、土産にピッタリじゃ。

ここの2階では、チョコの量り売りをしているから、パパは成功させるぞ。おお~、色んな種類があって迷うが…よし、パパの好きな「ピーナッツ」でトライ。店員さんから袋を受け取って、チョコを入れて、レジで精算すればいいんじゃな。さて、気になる結果はじゃじゃん!41・06元…全然足らんじゃないか。よし、今度は「ミルクチョコレートタイプ」(各59元/250㌘)で再チャレンジ…81・66元(笑)。パパもつなママのことを笑っておられんのう。

 

~上海ジャピオン2018年10月19日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。