上海ジャピオンの特集 記事

祝10周年 11.11ショッピングガイド

702-P1-1

「買い物の日」誕生は9年前 現アリババCEOが提案

〝双11〟こと11月11日と言えば、「光棍節(独身の日)」―独身貴族たちが婚活パーティーを楽しんだり、独り身を嘆きあったりする日であったが、それも今や昔の話。現在はすっかり、スマートフォンを片手に物を買って、買って、買いまくる「双11購物節(買い物の日)」に変わってしまった。

この「買い物の日」を発案したのは、ショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」や「天猫(Tmall)」でおなじみの「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」。当時同グループの最高執行責任者であった張勇氏が、同サイトを盛り上げようと2009年に開始した。その後ご存知の通り、この活動は国を挙げての一大イベントに成長。張勇氏はこの成功を評価され、同グループ創業者ジャック・マー(馬雲)氏引退後の新CEOに就任している。

では、なぜ張氏は11月11日を「買い物の日」に選んだのだろうか? これに関し同グループは、10月には国慶節、12月にはクリスマスや元旦があるが、11月には目立ったイベントがなかったこと。また、季節の変わり目で、サイト内の各店舗もセール用品を準備しやすいと考えたことなどを理由に挙げている。

ちなみに初年度の「買い物の日」では、セール参加店舗が27ブランドしかなかったが、売り上げは計5000万元に到達。この数字を受け、翌年には参加店舗が711店舗と激増し、売り上げは9億3600万元まで成長した。また「京東」や「蘇寧易購」を筆頭に他企業のショッピングサイトも、この勢いに便乗しようと、同日に合わせセールを開催するようになった。

702-P1-2

今年の目標2500億元 1秒で億単位の数字が動く

さて、今年で10年目を迎える「買い物の日」。同グループ発表によると、今年のセール期間中の売り上げ目標はなんと、2500億元。前年よりも約818億元アップと、なかなか大胆な数字を掲げている。

また同セールでは短時間で莫大な金額が動く。17年は、各店舗サイトが一斉に大売出しを開始する11月11日午前0時から40秒で1億、3分で100億、6分5秒で200億、1時間49秒で571億元をサイト全体で売り上げ、この時点で14年の総額を突破する破竹の勢いを見せた。

そのほかセール期間後に忙しくなるのが、商品を自宅まで配達する配送会社。同グループは今年、セールによって10億個の宅配物が発生するだろうと予測。中国各地のデリバリースタッフを震え上がらせている。

ともかくも、我々消費者にとっては、商品を安値で買える年に一度の機会を逃す手はない! 次ページからは、今年の「買い物の日」セール一覧や、お買い得商品を紹介していこう。

702-P1-3

702-P2-1

セールは10月からスタート

ショッピングサイト「天猫(Tmall)」では、11月11日(日)を待たず、すでに10月20日(土)から様々なキャンペーンを開始。お得なセール品が揃うのはもちろん、割引チケットや金券の配布もどんどん行っている。ルールが複雑なのが厄介だが、うまく使いこなして賢く買い物をしてみよう。

まずは、11月10日(土)まで開催中の「双11予售(予約販売)」ページでお値打ち商品をチェック。予約販売とは、11日(日)までに料金の一部を支払い、当日に残りの料金を支払うことで、商品を安く手に入れられるシステムのこと。11日(日)に買い物する時間がないが、確実にセール商品をゲットしたい人にはオススメだ。

さらなる値引きを狙う人は、同サイトのトップページから商品購入ページまで、じっくり目を通してほしい。至るところに「500元購入で50元引き」、「1元で100元分の金券贈呈」などのチケットをゲットするアイコンが並んでいるので、積極的に利用しよう。ただし使えるブランドが限られていたり、購入に料金やポイントを要したりするので、使用条件は事前に要確認だ。

料金券や割引券を大量配布

また期間中は、割引チケットや料金券が入った「紅包」が手に入るイベントが盛りだくさん。同サイトにログインすると、最高1111元の料金券が当たる紅包抽選に1日3回チャレンジできるほか、指定の日に大量の紅包がゲットできるイベントやゲームも開催。特に〝紅包雨〟と呼ばれる、画面上から降ってくる紅包をタップし、割引券を集めるミニゲームが毎年人気だ。こういった紅包イベントに関しては、〝双11マニア〟たちが日にちや時間ごとの当選率を分析したり、当選確率を上げる方法を紹介したりしているので、詳しく知りたい人はネットで検索してみて。

702-P2-2

魅力的なセール品がズラリ

「天猫(Tmall)」と「淘宝(タオバオ)」では、2017年に「双11購物節(買い物の日)」セールを行った店舗数が計14万店を突破。今年の参加店舗は昨年よりもっと多いと予想されるが、その中から少しだけ、お値打ち商品を紹介しよう。なお価格は10月26日(金)時点で予約販売中のものなので、11月11日(日)には販売していなかったり、価格が変わったりしている可能性があるのでご注意を。

昨年の「双11」セールで、見事売上額1位に輝いたのが、家電店「蘇寧易購」。スマートフォンからテレビ、冷蔵庫などの大型家電までを取り扱う。同店の魅力は、大幅な値下げ額はもちろん、ほぼすべてのセール対象品に50~150元の金券が付いていること。また設置費無料や景品贈呈などの特典も多く、サービスてんこ盛りなのだ。ちなみに同店は自社ショッピングサイトも運営しており、こちらでもセールを開催中。もしほしい商品があったら、自社サイトもチェックしておくといいかも。

 半額以下で購入のチャンスも

また単価の高い家電ブランドや家具と肩を並べ、昨年の売上ランキング第4位に輝いたのが、スポーツブランドの「NIKE」。特に靴がかなりお得で、定価の半額相当で販売しているものも少なくない。現在販売中の「エアマックスタバス」(349元)は、日本でも最安値に相当する値段で、かなり魅力的だ。

なおネット上では「予約販売商品を買うのと、11月11日(日)当日のセール品を買うのではどちらが得か?」という議論が度々巻き起こるが、実際は割引額に大差なく、むしろ老舗店舗ほど、予約販売商品を安くする傾向があると言う。11日(日)まで後9日。ほしい商品は今すぐゲットしよう!

702-P3-1

~上海ジャピオン11月2日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。