上海ジャピオンの特集 記事

ローカル店で基本の身だしなみ

プロの耳掃除を初体験

まずは、専門店「小鄧専業採耳館」で耳掃除を初体験。店内はマッサージ店のような雰囲気で、全部で4席を設ける。

早速、マッサージチェアに横たわる。店員のお姉さんはとても美人で、こんな人に耳の汚れを見られるなんて恥ずかしい…なんて思っている間に施術開始。店員が指にライトをはめ、細い金属の棒を使って汚れを掻き出していく。う~ん、気持ちいい…。奥のベッドから、おじさんのイビキが響いている。

ここで「あなたの耳垢は湿っているから、洗った方がいい」とのアドバイス。耳を洗う…? と疑問に思いつつも、せっかくなので「洗耳」(50元)を追加する。これが間違いだった…。店員が洗浄液を取り出し、それを耳奥にチューッと注入。すると、視界が回る回る。三半規管がいかれるのだ。そのまま細いブラシで耳をゴシゴシされ、頭を傾けて液体を出す。耳自体に問題はなかったが、めまいが激しくツラいと伝えたところ、もう片方の耳は洗浄液を含ませた綿棒で洗ってもらえた。これはめまいが起きず、ホッ。

リラックス効果も◎

仕上げに、音叉のような道具をビーンと鳴らしてその振動を利用し、小さな羽が付いた棒で耳奥と耳周りをマッサージ。不思議と足先まで振動がビリビリと伝わり、全身の力が抜けていった。

約40分の施術で、耳はスッキリ。常連客が多いのもうなずける、プロの耳掻き技術に大満足だった。

超庶民的な理髪店

日本で人気の、手軽で安価な〝1000円カット〟。中国でも、同じ価格帯で散髪できないだろうか…と「洗剪吹(シャンプー+カット+ブロー)55元」と出ていた理髪店へ、怖いもの見たさ半分に向かう。

入口をくぐるなり、私をチラッと見た理髪師のおじさんが「お嬢さん、現金は持っているのかい?」と質問。ネット決済はお断りのようだ。現金があることを伝えると、シャンプー台へ通された。洗髪を担当するのは、推定年齢70歳のおばあちゃん。水しぶきを顔に受けたり、後頭部に指が届いてなかったりと、なかなか雑なシャンプーぶりだが、おばあちゃんの笑顔で文句も言えず。

席に案内されカットを待っていると、店の奥が何やら騒がしい。と、麻雀卓が引っ張り出され、常連客と理髪師さんでゲームを始めた(!)。ジャラジャラという音をBGMに、いよいよカットが始まる。

スピーディーな施術

「髪は3㌢ぐらい、前髪は眉ぐらいまで切って」と伝えると、理髪師のおじさんは早速ハサミを入れる。ジョキジョキと迷いのないハサミ裁き。雑談や髪に対する感想などは一切なく、黙々とカットは進む。20分ほど切ったところでブローに突入。家庭用ドライヤーでチャチャッと髪を乾かし…「はい、終わり」とケープを取って終了。ちょっと髪が生乾きな気もするが、料金を支払う。おじさんはお金を受け取ってにっこり、息つく暇もなく、次の客のカットに取り掛かっていた。

フットケア専門の「修脚」

最後は、足の爪を切ってもらいに「鄭遠元専業修脚房」へ。「修脚」とは、足の爪切りや角質ケアを行うサービスのこと。足裏マッサージの「足道」とは内容が異なるが、フットバスや肩・足のマッサージも併せてやってくれるところが多く、お得感が強い。

店の入口には、ヤンキー座りでタバコを吸う若い兄ちゃんがおり、少々入りにくい雰囲気が漂う。思い切って足を踏み入れると、後ろから「どうぞ好きなところに座ってください」との声が。振り返ると、先ほどのお兄ちゃん。彼が施術を担当してくれるようだ(笑)。店内はマッサージ店とは違い個室がなく、マッサージチェアがずらりと並ぶ。数あるフットバスメニューから、ショウガが入った「老姜王」(55元)を選択して、施術スタートだ。

フットバスをしている間に、肩と首のマッサージ。隣では常連らしきおじさんが、同じようにマッサージを受けている。

専用器具で爪切り

次にフットケアへ。お兄さんが彫刻刀のような器具を用いて、上手に足の爪を切り、角質を削ってくれる。足裏に魚の目やタコがある人は、それも丁寧にケアしてくれるそうだ。最後にオイルで足裏を揉んでくれ、50分で終了。

もし衛生面が気になる人は、プラス10元で、器具を使い捨て器具に変更が可能。フットバスはほかに、アロエやヨモギをはじめ、肌の保湿用や、滋養強壮用など9種類あるので、色々試したい。

~上海ジャピオン2019年4月26日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。