上海のニュース 記事

草餅「青団」の中身に変化  変わり種を買い求め行列も

4月4日(月)に清明節を控え、同日に食べる草餅「青団」を買い求め連日列をなすが、上海市内では「咸蛋黄肉松」と呼ばれる新しい味の青団が人気を博しているという。

青団は、小豆あんや、〝馬蘭頭〟と呼ばれる植物を使用したものが伝統的だが、近年は趣向を凝らした変わり種も登場している。中でも「咸蛋黄肉松」は、塩漬け卵とバター、挽き肉を合わせたもの。その斬新さと珍しい組み合わせが巷で話題になり、噂を聞きつけた市民が競うようにその青団の販売店に殺到。購入に100分もの時間を要し、さらに昼頃には売り切れるという。

 

~上海ジャピオン2016年04月08日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。