浦東新区の病院で医療過誤  出産時にガーゼ取り忘れ

上海市浦東新区にある東方医院南院は最近、同院で今年1月に出産した女性の体内にガーゼを置き忘れるミスがあり、約1カ月後に摘出したと発表した。

同院によると、女性は出産後も下半身に痛みや異臭を訴えていたが、2週間後の検査では原因を特定できず、1カ月後の再検査でガーゼを発見したという。同院は過失を認めたものの、被害者家族が15万元の賠償を要求したのに対し、「重大な事態には至らなかった」として2000元を提示している。

同院の関係者によると、女性は出産時の出血がひどく、本来行うべきガーゼの使用数の確認を怠ったことが、今回のミスに繋がったと話している。

 

~上海ジャピオン2016年04月29日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP