老師のイントロ読書~『我的生命哲学』

laoshi-v1

オススメポイント

私は今年の3月に、友人の紹介でこの本を手に取りました。これは中国の動乱の時代を経験し、ピッツバーグ大学で社会学の博士号を取得した著者・李銀河が、人生に対する自分の考えや感想を綴ったエッセイ。〝生命哲学〟という大きなテーマを細かい項目に分けて言及しています。

タイトルだけ見ると、多くの人は非常に難解な本だと思うでしょう。しかし実際はそんなことはありません。著者が実際に体験し、培ってきた経験や考え方を通して、私たちに人生とは何かというテーマについて考える機会を与えてくれます。

-492laoshi-v2

社会学者・李銀河が綴る〝生命哲学〟

李銀河は、中国の激動の時代を生きるうえで、社会や国家の行く末、また人生の意義について考えてきました。そんな彼女が、人生を輝かせるための方法を説いていきます。第32章『嫉妬は緑色』では、〝足るを知る〟の重要性を語り、内面から人生を変える方法を読者に提示します。

社会学者として、彼女がどのような〝生命哲学〟を持つに至ったのか。〝生命〟というテーマに迫る短編エッセイ集です。

-492laoshi-v3

~上海ジャピオン2014年7月25日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP