上海のニュース 記事

墓参り専用路線22本運行 「青団」1日15万個販売

4月4日(月)の清明節を前に、市中心部と松江区、青浦区、嘉定区など5区の墓所を往復する臨時バスが20日(日)に運行を開始した。

墓参り期間中は専用のバス路線を22本設け、計534便が運行する。また長距離バスを増便し、道路混雑の緩和を図る。墓参り客の増加が予想される蘇州や昆山、無錫行きのバスが出発する停留所では、客流をスムーズにするための運営プランを準備。

また清明節に合わせて食べる草餅「青団」の売り上げが近頃上昇。売り上げのピークは24日(木)前後になると予想され、南京西路にある老舗点心店「王家沙」では、同日15万個の売り上げを予定しているという。

 

~上海ジャピオン2016年03月25日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。