上海のニュース 記事

地図アプリの情報アクセス 個人情報漏洩に注意喚起

上海市消費者保護委員会は最近、「百度地図」など5つの地図アプリに対し、ユーザー情報のアクセス権限について調査を実施。アプリダウンロード時に表示される設定と、実際の機能が一致しない場合があることがわかった。

調査によると、電話番号や現在地など、個人を特定できるユーザー情報へのアクセス権限は、アンドロイド版「百度地図」の設定が最多の14種類。同委員会は、情報取得権限を一度限りに設定するなど、アプリ開発者に整備を呼び掛けている。

そのほか、97・63%のユーザーが地図アプリを使用。うち80%が個人情報漏洩を心配していることがわかった。

8_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年7月27日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。