地図アプリの情報アクセス 個人情報漏洩に注意喚起

上海市消費者保護委員会は最近、「百度地図」など5つの地図アプリに対し、ユーザー情報のアクセス権限について調査を実施。アプリダウンロード時に表示される設定と、実際の機能が一致しない場合があることがわかった。

調査によると、電話番号や現在地など、個人を特定できるユーザー情報へのアクセス権限は、アンドロイド版「百度地図」の設定が最多の14種類。同委員会は、情報取得権限を一度限りに設定するなど、アプリ開発者に整備を呼び掛けている。

そのほか、97・63%のユーザーが地図アプリを使用。うち80%が個人情報漏洩を心配していることがわかった。

8_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年7月27日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP