輸入博覧会まで100日 国内外2800の企業出展

上海市青浦区の「国家会展中心」で11月5日(月)~10日(土)に開催される「中国国際輸入博覧会」まで、残り100日を切った。これを受け最近、世界130の国・地域から2800余りの企業が出展することが明らかになった。

博覧会では、最先端技術を用いた新製品100点ほどが出品予定。展示場は、自動車や電子機器などのブースが全体の95%を占める。また、中国の輸入政策紹介に特化した「中国館」を設けるほか、日本製の軽量革靴やイタリア製のコーヒーメーカ―なども登場。期間中は、国内外から15万人を超えるバイヤーが集うと見込まれる。さらに会場近辺では、交通機関整備や、臨時ATMの設置、場内外を案内する専門ガイドの手配など、着々と準備が進行中。

ほか同博覧会は最近、マスコットキャラクター「進宝」を発表。国宝のパンダが、青・黄色のマフラーを首に巻き、四葉を持ったデザインとなっている。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP