考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~Brick

_429matong

マートン落ち込む
私は考える男マートン。
先日、中国語で便器を意味する「馬桶(マートン)」と
同名であることをからかわれ、
落ち込んでいたら、友人から改名を勧められた。
今日もその件が頭から離れず、哲学に集中できん。
こんな時は酒しかない。飲むぞ!
…しかし、世間では未だ小部屋(トイレ)に対して
悪いイメージがあるのだな。
それも残念だが、影響を受けて、
私まで偏見の目で見られるのも悲しい。
…飲みすぎた。
小部屋(トイレ)へ行こう…。

名前と本質の哲学
おお、壁にはベルギーのコミック
『タンタンの冒険』シリーズのイラストが掛けられている。
少年記者・タンタンが、世界を巡る冒険譚…私も大好きだ。
そのイラストが全部で5つ壁に…待てよ。
タンタンが5…タン5…タンゴ、だんご!?
そう言えば、団子は地方によって「おまる」などと、
呼び名が変わる。
これはタンタンの相棒犬と同じだ。
日本ではスノーウィと呼ばれるが、
国によってはボビーなど、違う名前を持つ。
だが、愛嬌たっぷりなキャラで、世界中で愛されている…
そうか! たとえ名前が変わっても、
本質さえ同じならば、人々の好意は変わらんということだな。
私も改名の件、前向きに考えよう。
ありがとう、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2013年4月5日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP