毒蛇が調理師をかむ 救急車で運ばれ治療

 9月14日(火)13時ごろ、上海市浦東新区成山路の蛇料理店で、
37歳の調理師が、客が持ち込んだ毒蛇・ヒャッポダ(百歩蛇)に指をかまれる事故があった。
調理師は病院に運ばれ、命に別状はない。
 客は同蛇をビニール袋に入れて来店し、調理を依頼。
調理師がビニール袋を開けたところ、突然蛇が飛び出し、調理師の小指をかんだ。
調理師は自ら応急処置を施し、救急車を呼んだが、搬送先の病院に血清がなく、
3カ所目の病院で治療を受けた。
(9月15日)

~上海ジャピオン9月24日号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP