広場ダンス暴徒化? 酔っぱらい見間違え

上海市宝山区で最近、「約100人が殴り合う暴動が起きている」との通報を受け警察が現場に駆け付けたところ、市民が広場ダンスを踊っているだけだったという出来事があった。

通報当時、暴動が起こっているという場所には監視カメラがないため状況がわからず、警察は急いで現場に駆け付けた。ところが現場は市民が広場ダンスを踊っているだけで、事件が起こった様子はなかったという。警察が通報した男を問い詰めたところ、男が泥酔していることがわかり、警察署に連行した。

その後、男は酔っぱらって虚偽の通報をしたことを認め、5日間の行政拘留に処された。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年9月27日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP