上海の健康・美容 記事

天然的生活~檸檬(レモン)

レモンで夏を乗り切ろう
インドのヒマラヤ地方で誕生した
レモンは10世紀頃に中国、
その後アラビア半島へ伝えられたと
言われている。
日本には明治初期に渡来し、
現在は広島や愛媛などで栽培されている。
レモンは、
ビタミンCを豊富に含む果物の代表格。
ビタミンCには、
風邪予防や美容、
骨を強くする効果などが認められているという。
また、
疲労回復が期待できるクエン酸を
多く含むことでも知られる。
中国では、
のどの渇きを潤し、汗を抑え、
食欲増進を図ると言われ、
夏バテ予防に重宝されている。
中国医学では、イライラしたり、
落ち着かなかったりする時に
レモンを摂取すると、
弱っている肝機能の働きを良くし、
精神安定効果があるとされる。
民間療法では「レモン酒」がオススメ。
表皮と果肉に分けて切ったレモン1㌔に、
氷砂糖200~300㌘、
ホワイトリカー1・8㍑を入れ、
2カ月寝かせた後に実を取り出して果汁を搾り、
布で漉したものを更に3~4カ月熟成させて完成。
疲労回復や食欲増進などに有効とか。
ただし、胃潰瘍や胃酸過多の人は摂取を控えよう。
気温が上がる上海の夏。
レモネードやレモンスカッシュなどの飲料や、
サラダや揚げ物などに取り入れ、
夏バテ知らずの体を手に入れよう。

~上海ジャピオン2012年7月13日号

 

上海の健康・美容 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。