上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~炸醬面

味の決め手は濃厚味噌

炸醬面(ジャージャンミェン)は北京市を起源とし、華北地方を中心に広く分布する中国伝統家庭料理の一つ。日本でも、ジャージャー麺やジャージャン麺などの名称で知られる。

具は枝豆や白菜、セロリ、豆モヤシを茹でたものと、キュウリと紅芯ダイコンの千切りを並べ、その上に塩辛い肉味噌「炸醬」を掛ける。炸醬は、豚のひき肉や豚肉を細かく刻んだものをネギ、ショウガなどと油で炒めてから、黄大豆で作った味噌や甜面醤とともに炒めて仕上げる。そしてコシのあるうどんのような太さの麺に、これらすべての具と肉味噌を混ぜていただく。麺は茹であげを提供する「過水麺」、または水で一度締めた「涼麺」のいずれかから選べる店もある。

北京市では「老北京炸醤麺」や「海碗居」、「一碗居」など老舗が揃い、伝統的でおいしい炸醤麺を食べられる。庶民に愛されてきた家庭料理を味わってみては?

アテンド先はこちら

【店舗情報】

店名  豊盛胡同(フォンシェンフートン)

住所  金匯路416号

TEL  5111-7711

営業時間  10時~22時

席数  約120席

予算  100元~

エリア 龍柏新村

~上海ジャピオン1月18日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。