中華接待の備忘録~馿打滾

甘さ控えめの餡入り菓子

「馿打滾(ルーダーグン)」は古くからある北京の点心で、直訳すると〝馿(ロバ)がゴロゴロと転げ回る〟という少し変わった意味がある。制作工程の最後にきな粉をまぶすのだが、それが「北京郊外の野生のロバが、黄色い砂の上で寝転びゴロゴロして遊ぶ様子」を連想させるため、この名前が付けられたと言う。

ほんのりと甘くやわらかい餅に、きな粉がまぶしてあるので、日本で言うあべかわ餅に近い。生地は餅の代わりにもち粉や団子粉が使われ、香ばしく粘り気のある口当たりは、北京っ子に愛されている。

大きめのまな板の上にきな粉を打って餅生地を乗せ、さらにきな粉をまぶしながら、約3㍉の厚さになるまで麺棒で伸ばす。小豆餡を均等に塗り、端から内側に丸め、筒状にする。これを均等に輪切りに切り分けて完成となる。

どこか懐かしさを覚えるようなホッコリとした味を堪能してみては?

アテンド先はこちら

店名  豊盛胡同(フォンシェンフートン)

住所  金匯路416号

TEL  5111-7711

営業時間  10時~22時

席数  約120席

予算  100元~

エリア  龍柏新村

~上海ジャピオン2019年2月15日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP