劇的!カルチャー体験 Vol.19 中華料理教室上海中央厨房

voice1671

voice2624

点心は中国ならでは
友達と一緒にトライ

 「中国ならではの習い事に通いたいと思っていたら、友人がこの教室のパンフレットを見せてくれたんです。
ちょうどマンションで夏祭りがあって、そこで配られていたそうなんです」と語る秋田さん。
 日本では点心と言えば中華料理店で食べる程度だったが、
「せっかく中国にいるのだから中国らしい習い事をやってみたい」と思い、
近所の友人と一緒に娘さんを連れて挑戦してみた。
 教室は開講以来7年目を迎え、点心の達人・郭先生が丁寧に教える。
この日集まったのは、親子連れなど4組の日本人だが、欧米人の生徒も多いそうだ。
アートギャラリーなども入居するビルの3階に、キッチンスペースが広がっている。

みんなで作る楽しさ
目指せ点心マスター

 この日のメニューは、「焼き小龍包」と「春巻き」。
集まったのは、生徒は実際に具を合わせたり炒めたりするところからスタート。
皮にアンを詰める作業では、先生がゆっくりとやり方を見せながら指導。
秋田さんの表情も真剣だ。
 はじめは小龍包のひだの部分が上手く作れなかった秋田さんだが、
回数を重ねるごとにコツをつかみ、次々と仕上げていった。
途中、つまづくと先生が見に来て、さっと手助けをしてくれる。
 作り終えたらコンロで焼き上げ、完成。
「友達と一緒にみんなで作って、みんなで食べるのは楽しいですね。
中国語が分からなくても、全然大丈夫でした」という秋田さん。
これからも毎月1回ぐらいのペースで通うとのこと。
点心マスターへの道も近そうだ。

voice3578

voice4407

中華料理教室上海中央厨房
住所:威海路696号307室
TEL:138-1774-3031(日本語可)
営業時間:10時~22時
www.chinesecookingworkshop.com
予算:1回150元。

?

~上海ジャピオン8月20日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP