続・筆談の落とし穴~vol.16「薪水」=「給料」

578続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「薪水」は中国語で「給料」という意味である! 井戸水や薪でおこす火で日々を暮していた魏晋南北朝時代、「薪水」は生活必需品を指す言葉だった。しかし近代、賃金制度が普及し、貨幣が生活に欠かせなくなった頃から、「薪水」もまた「給料」という意味に変化したのだとか。

会話中、張君は率直に給料アップを訴えたのだが、山本さんはアウトドアに誘われていると勘違いしたようだ。張君! 次の給料日にガッカリしないよう、誤解を解いておこう!

 

~上海ジャピオン2016年05月13日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP