続・筆談の落とし穴~Vol.4「白湯」=「白濁したスープ」

566続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「白湯」は中国語では「豚骨や鶏ガラなどを煮込んで作る、白く濁ったスープ」という意味である! 日本語の、薬を飲む時にぴったりな白湯のことではないぞ。「湯」というのはスープを指し、「紅湯」は四川の火鍋にも使われる唐辛子を使った辛いスープのことだ。

会話中、張くんはラーメンのスープが2種類から選べるのでどちらがいいのか聞きたかったのだが、山本さんは白湯をただのお湯だと勘違いしてしまったようだ。山本さん! シンプルイズベストだからと言ってもさすがにお湯だけのラーメンは味気ないぞ! しっかりランチを食べて、本当に白湯を飲むことのないよう体調管理には気を付けよう!

 

 

~上海ジャピオン2016年02月05日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP