有リン洗剤の販売禁止 2月より上海全域で実施

市環境保護局、市経済委員会などが共同で1月16日(水)、市内全ての販売店とクリーニング店に対し、2月1日(金)より有リン洗剤の販売、使用を禁止すると発表した。環境に配慮し、洗剤の無リン化を徹底するため。大手スーパー「聯華」や大手クリーニング「象王」などがすでに賛同を表明している。
 これにより、市内各スーパーやクリーニング店などでは、有リン洗剤の在庫処分や入荷停止手続きが急ピッチで進んでいる。また洗剤メーカーには、リンなどの環境汚染物質を含まない商品開発が改めて求められることになった。
 市環境保護局によると、既に全国24の省市が同様の洗剤無リン化運動を実施している。またこれと並行して、全国人民代表大会常任委員会は「水質汚染防止法案」をことし3月に成立させる予定。(1月17日)

~上海ジャピオン1月25日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP