崇明島に大型レジャー施設 「国家地質公園」が開園へ

 市北東部の崇明島で建設が進められていた大型レジャー施設「崇明島国家地質公園」が、4月28日(月)に開園を迎えることが分かった。
 同園の面積は1200平方㌔で、「世界河口博物館」をメインとした5つの観光スポットが設置される。同園では開園に合わせ、島を一周する自転車レースや個人旅行者向けのプランなどを企画していく。
 また同園には、長江デルタ河口の260万年に及ぶ土砂の蓄積を観測できる湿原「東灘湿地」もあり、注目されている。(4月14日)

~上海ジャピオン4月18日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP