子供向け電子閲覧室  電子書籍の作成可能

上海市南京西路にある子ども向け図書館「上海少年児童図書館」が、
8月10日(金)、「開放式デジタル閲覧室」の一般開放を開始し、
週末には多くの親子連れで賑わいを見せている。
同閲覧室では、大型デスクに嵌め込まれた4台のパソコン
ディスプレイを使って、5771冊の電子書籍を閲覧できる。
また、好きな写真や文字、色などを選んで、オリジナルの電子書籍の
作成も可能。
音声が流れるため、字が読めない幼い子どもでも利用できるように
工夫する。
なお、座席は8席と限りがあるため、利用は1人1時間としている。
(8月12日)

~上海ジャピオン2012年8月17日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP