風邪薬の購買を制限 覚せい剤精製グループ対策

 国家食薬監管局はバファリンやコンタックなど一部の風邪薬の購入を一回につき5箱に制限することを発表した。これは風邪薬の成分から覚せい剤の精製を防ぐことが目的。
 一部の風邪薬には、咳止や喘息治療に効果がある「エフェドリン」という成分が含まれ、これは摂取量を誤れると極度の興奮状態に陥るなどの副作用を引き起こす事もある。すでに中国の一部の地域で風邪薬から覚せい剤を精製しているグループの存在が発覚している。
(11月11日)

~上海ジャピオン11月14日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP