市の生活便利度  飲食消費額で1位

大手口コミサイト「大衆点評」は7月27日(日)、「2014年飲食娯楽指数」を発表。これによると、上海市の「飲食店密度」が全国首位だった。

同指数は全国31の省都・直轄市を対象とするもの。市は「生活便利度」において2位、「消費幸福感」では1位となった。
また市では、1㌔範囲内に飲食店が平均15店あり、市全体の総数は9万5000軒で首位。また飲食店での消費額が1人100元と、2位の北京市より13元高かった。(7月29日)

~上海ジャピオン2014年8月1日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP