上海のニュース 記事

鶏・鴨200羽が殺される 野生動物園にパンダ保護基地

上海市浦東新区の南部、南匯地区の農家で、近頃、動物絡みの騒動が相次いで起きている。

同地区の宣橋鎮、新場鎮、大団鎮ではおよそ20日の間に、鶏と鴨200羽余りが動物に殺されているのが見つかった。関連部門では、この動物を特定するべくプロの捕獲チームを結成。しかしながら未だ効果はなく、浦東林業センターは華東師範大学から赤外線監視カメラ8台を借り出し設置した。

また国家林業局と市人民政府は3月11日(金)、自由貿易区建設と生態保護を協力して推し進めることを決定。上海野生動物園にパンダの保護研究基地を、辰山植物園には華東野生絶滅危惧植物資源育成センターを建設する。

そのほか9日(水)には、日本の環境省が新潟県の佐渡島で繁殖したトキ4羽を中国に返還。日本では絶滅危惧種のトキの繁殖を進めるため、中国から提供を受けている。トキは今後、上海野生動物園にて飼育される。

 

~上海ジャピオン2016年03月18日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。