上海のニュース 記事

公衆Wi―Fi1240カ所 軌道交通、週末の終電時間延長

上海市で公衆無線LANサービスを提供するアプリ「i―Shanghai」の運営会社である上海風尋信息技術有限公司は最近、市内の無線LANスポットを177カ所追加し、計1240カ所で公衆無線LANを利用できるようになったことを明らかにした。

同アプリは最初にパスワードを登録すると、以後自動的に無線LANに接続可能。市内の公園や体育場、文化施設、商業施設などの公共施設において、無料で無線LANを利用することができる。一方で近頃、同アプリを真似た「i―ShangHai」などの無線LANが出現しており、専門家は利用の際は細心の注意を払うよう呼びかけている。

また市の軌道交通1、2、8号線が12月2日(金)から、毎週金、土曜及び国が定める祝日前の最後の平日に、終電時間を30分延長することがわかった。各線では本来の終電時間を過ぎた後、10分毎に1本、計3本を増便する。

7_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年12月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。