上海のニュース 記事

PM2・5が約15%減少 中国で8月に部分月食が発生

上海市環境保護局は1月6日(金)、大気汚染の原因とされる微小粒子状物質「PM2・5」の年間平均濃度に関し、2016年は1立方㍍あたり45㍃グラムと、15年に比べ15・1%減少したと発表した。

13年に定められた大気汚染防止に関する規定では、17年末までにPM2・5濃度を、13年度の1立方㍍あたり62㍃グラムから20%減らし、49㍃グラムとすることを目指していたが、1年前倒しで達成となった。また同局は昨年の環境保護・改善への取り組み状況を報告。昨年1年間の「空気質指数(AQI)」の優良率が75・4%で、15年と比べ4・7%上昇した。「優良」の日が78日、「良」の日が198日、「軽度の汚染」日が69日、「中程度の汚染」日が19日、「重度の汚染」日は2日で、15年と比べ汚染があった日が17日減少したと言う。

そのほか中国科学院国家天文台によると今年、日食と月食が2回ずつ起こるとし、うち中国では8月に月食の観測が楽しめるだろうと予測している。

1_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年1月13日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。