上海のニュース 記事

市で書店が続々オープン 子どもの読書量、月1冊未満

世界図書・著作権デーに当たる4月23日(日)に合わせ、上海市では相次いで新しい書店がオープンしたことがわかった。

黄浦区では同日、「大隠精舎」が初出店。また「大衆書局」は浦東新区の「中華芸術宮」駅近くと「野生動物園」駅近くに、「大隠書局」は黄浦区の「陝西南路」駅近くにそれぞれ支店をオープンさせた。そのほか青浦区の朱家角鎮には、日本の「森岡書店」に倣い、1冊の書籍しか扱わない書店「角里書房」が登場した。専門家によると、今年末までにさらに20店舗が市内にオープン予定だと言い、書店の進出を支援する市の政策や、市新聞出版局らが2016年までに投資した約6000万元が店舗拡大を促したと分析する。

一方、教育評価機構「思来氏教育」などは同日、市を含む全国約14万人の小学生児童を対象に行った、読書習慣に関する調査結果を公表。児童の年間読書数は平均12・75冊であったことがわかった。中でも17%の児童が月に3冊以上の本を読んでいるのに対し、60%が月に1冊未満、33%が本を読む習慣が全くないと回答。読書をする児童と、しない児童の二極化が進んでいることが明らかになった。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年4月28日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。