上海のニュース 記事

徐家匯公園の鳥、食べられる 養殖フグ解禁も消費伸びず

上海市公安局徐匯分局は近頃、徐匯区の「徐家匯公園」内に生息するコクチョウ1羽を盗んだとして、男2人を刑事拘留した。

調べによると、男らは4月22日(土)、園内の湖に住む魚を捕まえ食べようと、深夜に同園を訪問。警備員がいたため手を出せないでいたところ、路上を歩くコクチョウを発見、捕獲したと言う。男らが自宅に着く頃にはコクチョウは死亡していたが、捨てるのを惜しんで調理。しかし不味かったので、半分ほど廃棄したと話す。盗まれたのは生後5~6カ月ほどの子どものコクチョウ。市民らは「毎日成長を見守っていただけに、大変残念だ」と憤慨している。

また市餐飲烹飪行業協会は近頃、市を含む中国全土で昨年、指定の養殖フグが解禁されたものの、フグの消費は伸びていないと説明。その原因として、若者がフグに興味がないこと、養殖フグは天然フグに比べ鮮度が劣ることなどを指摘した。

7_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年5月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。