上海のニュース 記事

金山区のバス待合所 3Dプリンターで製作

上海市金山区楓涇古鎮で最近、市で初となる3Dプリンターで製造された16カ所のバス待合所が登場したことがわかった。

この待合所は横5㍍、縦1㍍80㌢、高さ2㍍80㌢で、十数人の乗客を収容可能。建築物の廃材を再利用して造られ、建物に繋ぎ目が全くないのが特徴だと言う。また3Dプリンターを用いることで待合所の建設時間が大幅に短縮され、工場で造ってから各場所へ設置するまで1時間ほどで完了した。

 

~上海ジャピオン2018年1月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。