金山区のバス待合所 3Dプリンターで製作

上海市金山区楓涇古鎮で最近、市で初となる3Dプリンターで製造された16カ所のバス待合所が登場したことがわかった。

この待合所は横5㍍、縦1㍍80㌢、高さ2㍍80㌢で、十数人の乗客を収容可能。建築物の廃材を再利用して造られ、建物に繋ぎ目が全くないのが特徴だと言う。また3Dプリンターを用いることで待合所の建設時間が大幅に短縮され、工場で造ってから各場所へ設置するまで1時間ほどで完了した。

 

~上海ジャピオン2018年1月19日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP