上海のニュース 記事

08年以来の大雪で積雪を観測 鉄道の一部路線が運転休止

上海市気象局は、1月24日(水)から市に雪が降り始め、26日(金)8時時点で5~10㍉の積雪を観測したと発表。2008年以来の降雪量となったことがわかった。

専門家によると、29日(月)以降は高気圧の影響で晴れるものの寒い日が続き、市中心部の最低気温はマイナス3度、市郊外ではマイナス3~5度になる見込み。路面が凍結する恐れがあるため、同局は注意を呼び掛けている。

またこの降雪の影響を受け、静安区の「上海火車」駅や徐匯区の「上海南」駅、閔行区の「虹橋火車」駅では28日(日)、一部の鉄道列車が運休した。そのため、まだ乗車券を発行していなかった場合に限り、払い戻しに対応したと言う。

一方市内各地では、下水道の清掃員などが寒さに関わらず活躍。下水道清掃業務を請け負う会社によると、あまりの寒さで30秒~1分の間隔で作業担当者を変えていると話す。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年2月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。