上海のニュース 記事

元宵節に湯圓を食べ家族円満 ランタン遊び「灯謎」も実施

上海市を含む全国各地で3月2日(金)、旧暦1月15日に当たる「元宵節」を迎え、市黄浦区の「豫園」内にある「寧波湯圓店」では、「湯圓」の販売数が1日10万個を超えたことがわかった。

中国では、元宵節に家族円満を願い、餡入り白玉団子である「湯圓」を食べる習慣があり、同日は湯圓の老舗店である同店に客が殺到。同店では深夜2時から準備を開始し、できたての湯圓を提供したと言う。また湯圓の餡は、黒ゴマとブタ肉、ナズナを用意。中でも黒ゴマ餡が販売量の6割を占め、最も人気だった。

また金山区にある「楓涇古鎮」では、ランタンになぞなぞを書き、見物客にそれを解かせる元宵節の伝統的な遊び「灯謎」を実施。中国風の長廊下に、1000個のランタンが並ぶ幻想的な風景が広がった。また嘉定区の「南翔老街」でも「灯謎」を催し、小学生と幼稚園児が手作りしたランタン300個が並んだ。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年3月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。