上海のニュース 記事

南京路と淮海路がさらに進化 商業施設や国内初店舗が続々

上海市商務委員会は近頃、黄浦区の南京路と淮海路における都市計画を発表。2021年までに20の商業施設を建設し、中国国内から50の老舗ブランドと、国内外から100のブランドショップを誘致することがわかった。

同委員会の計画では、南京路と淮海路、豫園商業エリアで、3年以内に21カ所でリニューアルを実施。各企業の投資金額は計100億元以上に上ると予想されている。

南京東路では今年9月に、建築面積が5万8000平方㍍の巨大商業施設「上海世茂広場」のオープンを予定。施設内にはスポーツブランド「ナイキ」の旗艦店や、サンリオのキャラクター「ハローキティ」の室内テーマパークなどを構えると言う。また10月には「上海第一百貨商業センターC館」のリニューアルオープンも控えている。さらに淮海中路でも今年、イギリスのファストファッションブランド「TOPSHOP」の国内初旗艦店が開店する予定だ。

6_東方ネット

~上海ジャピオン2018年5月18日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。