市の外国人就労者21万人 機械・AI分野で誘致拡大

上海市科技奨励委員会は1月15日(火)、外国人が投票する国内の都市ランキング「魅力中国」において市が6年連続第1位だったことを明らかにした。

中国国家外国専家局によると、現在市で働く外国人は21万5000人で全国トップの23・7%を占めた。また2016年から昨年末までに市が交付した外国人就業許可証は約10万件で、その内ハイレベル人材(A類)が18%を占め1万8000件に上った。同委員会は特にロボットや人工知能(AI)など科学技術分野のプロジェクトに焦点を当て、英語での情報配信に務め海外の優れた人材を誘致する方針を掲げている。

~2019年1月25日発行号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP