武寧路の改修工事 最も複雑な施工に

上海市の幹線道路・武寧路で最近、地上6車線、地下4車線、計10車線を形成するための道路改修工事を進めていることがわかった。

市西部の〝交通門〟と称される武寧路は、普陀・静安区に跨り、京沪高速、沪蓉高速に連結する主要道で、渋滞が深刻化していた。改修工事は西側が沪寧高速高架起点から、東側は東新路交差点西口までの全長約3・5㌔で、このうち地下道は2・86㌔を占める。3、4、11号線及び建設中の14、15号線の5本の軌道交通や地下管線が縦横に交錯しているため、最も複雑な施工になる見込みだと言う。

~2019年1月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP