上海のニュース 記事

市では今週にも春入りの予想 清明節の墓参り客642万人

上海市では3月11日(月)、最高気温19・1度を記録。上海中央気象台は、17日(日)までの最高気温が10度前後で推移し、春入りする見込みだと近頃発表した。

気象学上では、5日連続して平均気温が10度を上回った初日を春入りと定義。15日(金)にもこの条件を満たし、11日(月)が春入りとなる可能性が高いと言う。市の春入り日に関して、昨年は3月11日で、例年は17日前後となっている。なお天気については、14日(木)と17日(日)に、曇りのち雨と崩れる予報。

さらに市を含む中国各地で4月5日(金)~7日(日)、清明節休暇を迎える。市清明節工作指揮部によると、同期間中の墓参り客がのべ642万人、車両台数が83万6000台に上る見込みであることがわかった。混雑が予想されるのは3月30日(土)、31日(日)、4月5日(金)、6日(土)で、清明節に当たる5日(金)が最も混むと言う。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年3月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。