スタバのストローが紙製に プラスチック製ストロー廃止

米大手コーヒーチェーン「スターバックス」が4月22日(月)、上海市と広東省深セン市の約1000店舗において、従来のプラスチック製ストローを廃止し、紙製ストローの提供を始めたと発表した。

上海市を含む中国各地では、環境保護の観点から、脱プラスチック製ストローの動きが広まっている。スターバックスは紙製ストローに関して、30分ほどで柔らかくなってしまうので、ドリンクをなるべく早く飲むよう呼び掛けている。ほか一部のドリンクに関しては、フタの一部に飲み口を付けた容器で提供する。スターバックスは今後20年までに、世界全店でプラスチック製ストローの提供を中止する予定だ。

また米・ロサンゼルスのファッションブランド「FOREVER21」が29日(火)、「天猫」と「京東」のオンラインショップの運営を停止すると発表。商品の返品などは、5月30日(木)まで受け付ける。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年5月3日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP